水川あさみさんが出演されたドラマ一覧(感想)

■このページの総閲覧数:6,242PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 是非ドラマの率直なご感想をお寄せ下さいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

このページでは水川あさみさんが出演されたドラマの感想などを募集しております。
お気軽にご投稿下さいませ。


画像引用:asobist.com

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


さん 

「シェアハウスの恋人」の津山汐を演じる水川あさみ。
舞台設定はむちゃくちゃで、ありえないが
当初の違和感を見事に打ち砕いていく作品作りに好感を持てる。
主人公の水川あさみの前に突如裸の成人が現れ
服を貸してほしいといわれ、マフラーを渡す。
その男は実は宇宙人であり
地球にやってきたのだということだが
それは話の中で明らかになってくる。
タイトルどおりにシェアハウスであり
もう一人の男がやってくる。
その男は家庭内に自分の居場所がなく
存在意義を見出せず
ただ、漂うようにして、無関心を決め込む。

水川あさみは当初、その男に意識を持ち
宇宙人と名乗るものと協力し
何とか開放に向かってもらおうとしながら
徐々に好意を持ち出す。
しかし、彼本人には、自分の家庭があり
水川あさみの気持ちにはこたえられず
その宇宙人と近い関係になってもらおうとする。

通常ではありえない設定だらけであるが
彼女のまじめで献身的な姿を見ていると
出演者だけでなく、視聴者にも共感が持て
あることを忘れて結末を迎えてほしいと願うぐらいになる。
しかし、その時は不意にやってくるのであった。

この感想に共感したら1票を
+14

伏見さん 

水川あさみさんと言えば
やはり「失恋ショコラティエ」でしょう。

主人公演じる松本潤さんと同じ職場で
働く同僚として出演されていた水川さん。

一見、サバサバしていて明るくて
松本さんの恋話を聞いてあげる良き理解者に見えますが
実は松本さんのことにずっと
片思いをしている恋する乙女なのです。

松本さんを前にすると素直になれず
キツイことを言ってしまう気持ち
私も痛いほど分かり見ていて
すごく応援したくなるキャラクターでした。
好きな人に好きな人が居る…あ〜辛い!笑

この感想に共感したら1票を
+14

カラーさん 

フジテレビ系の「月9」で放映された
失恋ショコラティエの井上 薫子役が良かった。
ショコラ専門店「ショコラヴィ」を舞台に
小動 爽太(松本潤)と高橋 紗絵子(石原さとみ)が
恋のかけひきを演じるドラマの中で、
脇役ではあるが、爽太のお店「ショコラヴィ」で
店員の井上 薫子(水川あさみ)として
とっても愉快な妄想女子を演じてくれてます。
のだめに出演して以来
面白い子だなと注目していましたが
このドラマでその個性を存分に
発揮してくれているじゃないかと思われる。

この感想に共感したら1票を
+16

イェッとさん 

水川あさみさんが出演されていた中で「ピカ☆☆ンチ」という映画がとても好きです。これは今や国民的アイドルになった嵐の主演映画の2にあたるもので、水川さんはこの作品からまさかのヤンキー役での登場でした。主にチュウの彼女・奥さんで元ヤンという役でのシーンが多かったですが、回想シーンでの特攻服を着てガッツリメイクで軽くリーゼント、というザ・レディースな風貌を演じたシーンは一瞬ビックリします。でもこの役は水川さんだからカッコよくも演じられたんだろうなと思い、今でも大好きな作品です。

この感想に共感したら1票を
+10

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.5 4.0 4 4 「シェアハウスの恋人」の津山汐を演じる水川あさみ。舞台設定はむちゃくちゃで、ありえないが当初の違和感を見事に打ち砕い

口コミ感想評判レビュー投稿方法

ドラマの口コミを投稿される際は、それぞれのページへアクセスしていただき、"口コミを投稿"を押すとニックネーム、評価、内容の三箇所がございますので、それぞれご入力いただき"口コミを送信する"ボタンを押下して下さい。

新ドラマ 2015

ドラマの口コミ募集中

ドラマファンではドラマの視聴された方の口コミ感想レビューを随時募集しております。内容について満足した、つまらなかった…。来週も見たい、もう見ない…。人それぞれ様々な感想があるかと思います。是非そのままの声を当サイトにお届け下さいませ。

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る