MOZUシーズン2 最終回ドラマの感想

■このページの総閲覧数:60PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
mozu

グラークα作戦が実施された場所は、北海道最北端の無人島・孤狼島だった。そして、イワン・タイラーが破壊しようとしているロシアの秘密施設もまた孤狼島にあった。津城(小日向文世)のオフィスに集まった倉木(西島秀俊)、大杉(香川照之)、美希(真木よう子)は、津城から真実を聞く。
引用:http://www.tbs.co.jp/mozu_tbs/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


千原さん 

今回は、気の抜けないシーンが続いて一気に時間が過ぎた。ドラマの枠を外れたアクションの臨場感がたまらない。淡々と進むストーリーに花を添える映像美。
照明の表現がここまでドラマに食い込んでいるのは観ない気がする。本当の真相を知った主人公の想いを想像するとなんと、物悲しいものかと真実とは何かに
ついて考えてします。人それぞれの信念が交錯するドラマの行方が気になって仕方ない。CGシーンの違和感もあまり感じなかった。

この感想に共感したら1票を
0

千原さん 

今回は、気の抜けないシーンが続いて一気に時間が過ぎた。ドラマの枠を外れたアクションの臨場感がたまらない。淡々と進むストーリーに花を添える映像美。
照明の表現がここまでドラマに食い込んでいるのは観ない気がする。本当の真相を知った主人公の想いを想像するとなんと、物悲しいものかと真実とは何かに
ついて考えてします。人それぞれの信念が交錯するドラマの行方が気になって仕方ない。CGシーンの違和感もあまり感じなかった。

この感想に共感したら1票を
0

フルルさん 

最終回、とても楽しく拝見させて頂きました。個々のキャストの真相が明らかになったことで、すっきりとしました。無人島・孤狼島から帰ってきた時の倉木警部が、美希との会話のシーンで、イワンタイラーは死んだという時の意味深なセリフ回しが、非常に良かったですし、まだ電話が鳴り続いている点が視聴者に様々な想像を掻き立てる内容であったと思います。映画化も決まったとのことですので、これからの作品も非常に楽しみにしています。

この感想に共感したら1票を
0

九州さん 

和彦が最後にどこに行ったのかを謎のままにして終わった所などが、この作品の良い点だと感じました。謎だらけの作品で最終回につれて、明るみになる真実も多くありましたが、最後の最後まで謎を残して終了したことで、この作品らしい終わり方だなと思いましたし、視聴者心理としては、続編があるのではないかという期待を持たせるような形でした。とても楽しく見させて頂きましたので、原作を読んでみたいと思います。

この感想に共感したら1票を
0

ヒヒさん 

ダルマとはいったい何なのかという点が最後まで分かりませんでした。だるまのくだりのシーンも最後に真相として形成されているものだと思っていましたので、少しその点が残念でした。他にも真相が明らかになっていないシーンもありますので、ドラマで表現するには少し限界があるのでは?とも思いました。それでも、これほど視聴者の想像力が必要な展開となるは思っていなかったので、有意義な時間を過ごさして頂きました。

この感想に共感したら1票を
0

未来さん 

25年前に封鎖されたという無人島に舞台が移る。雪の中のロケは大変だっただろうな。
倉木らが施設を探しているとまたあらわれる東。本当にキャラクターが濃い。セカンドシーズンはもうこいつの事しか印象にない。
政府が島を封鎖した理由が潜水艦とは驚いた。
新谷兄が黒幕を襲い殺害するが、自身は重傷を負いながらも姿を消すというパターンは少し食傷気味。
続編をかなりにおわせるなと思っていたら劇場版の予告。ちょっとコンテンツとしては弱いのではないか。

この感想に共感したら1票を
0

パスさん 

ついに最終回でした!倉木警部が雪の中を歩くシーンが個人的に大好きです。ただちょっと見ていて寒くなりました。放送が11月ということで時期的にも合っていた気がします。潜水艦のCGがちょっと違和感を感じてしまって不満でした。中でのシーンはよかったですが。結局明星さんのお父さんは死んだのか生きているのかあいまいな描写でしたが、まだ無言電話があるとのことなので生存を信じたいです。ラストで劇場版があるとのことなので公開を楽しみにしています。

この感想に共感したら1票を
0

篠原さん 

北海道のシーンもあるので、雪山の中でのシーンは映画のような迫力ですし、身体能力の高さの表現も求められるので、肉体的な強さ・信念への執念・折れそうな精神、よくみるとギャップが沢山あるキャラクターに思い入れを持ってしまいます。
シーズン2で、主人公が追い続けたイワン・タイラーが、コードネームで明星が長年追い続けてきた父…というシーンは息を飲んで観てしまいました。
大杉・池沢VS新谷のバトルシーンも緊迫感、迫力が凄過ぎて、ワーキャー言ってしまいました!

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.5 5.0 8 8 今回は、気の抜けないシーンが続いて一気に時間が過ぎた。ドラマの枠を外れたアクションの臨場感がたまらない。淡々と進むストー

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る