銭の戦争 10話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:4,373PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
zeni

赤松(渡部篤郎)から20億の大金を奪ったにもかかわらず、 その金を増やそうと考えた富生(草彅剛)は、 かつての上司・黒田(飯田基祐)を訪ね、利益の一部を渡すことを条件にインサイダー取引をもちかける。 一方、怒りに震える赤松は、桜田(高田翔)たちを紺野家やホワイト化学に向かわせ、 血眼になって金の在りかを探していた。
引用:http://www.ktv.jp/zeni/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


テレビさん 

みおちゃんのおかげでインサイダー取引しなくて済んだね。とみおとみおちゃんいい感じだなぁ。現実でも生活費のやりくりで苦労してたらお金ほしいって思うけどお金で困ってるくらいが丁度いいのかもしれないですね。ドラマ本当にドキドキしてみてます。

この感想に共感したら1票を
+4

シーソーさん 

素が韓国の原作?のせいか今までのドラマにはない強引さやちょっとしたえげつなさを感じます。また、そこが面白いのかも。赤松と白石の頭脳戦の結末が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
+4

たもつさん 

これから脱税で傾く元婚約者の会社、20億の行方、みおとの恋、ホワイト化学最終回は一秒たりとも見逃せないシーンばかりかと思います。どんな清らなかな手で赤松をつぶすのか楽しみです!

この感想に共感したら1票を
+3

ジムさん 

今期のドラマの中でも一押しくらいはまっています。赤松役の渡部氏の何とも言えないいやらしさと頭脳明晰な感じが良いですね。お札の匂いをかいだりアイロンがけするなどリアルにはやらない様な事がお金に対する執着&敵対心みたいなものを感じます。

この感想に共感したら1票を
+2

ラムネさん 

今までの話の展開では緻密な心理や頭脳作戦でいかにしてお金を取り返すかという展開だった気がしますが、昨日の回は感情面が全面に出た展開だったと思います。少し前までは人間関係がいろいろなところでこじれていて見ていてハラハラするような状況でしたが、元恋人とのシビアな距離間もいつの間にかなくなっておりホッとするシーンがいくつかありました。次回の最終回は最後に予想しない展開を期待したいと思います。

この感想に共感したら1票を
+5

はねさん 

このドラマを見ているとお金の価値的なものを考えさせられる。本当にいくらお金があっても人間満たされないのかもしれないなぁーって。

この感想に共感したら1票を
+1

RGさん 

赤松にインサイダー取引で告発される前に白石の良心が勝って取引をしなかったのは意外な展開でした。頭がいいから裏で赤松と繋がってると気づいたのかな?とも思ったのですが意外な考えでした。

この感想に共感したら1票を
+3

戸田さん 

今回もドキドキワクワクの1時間でした。インサイダー取引をすることになっていたのを、赤松社長がかぎつけてどうなることかと思いました。しかし、富生がどんどん正気をとりもどすような片鱗が見えたのと、未央の純粋でまっすぐな熱い思いは、頑なな富生の凍った心を溶かしていく様子がうかがえるシーンに胸が熱くなりました。最終回でどんなように丸く収まるのか、絶対見逃せません。

この感想に共感したら1票を
+8

アワーさん 

今まで見てきたのは何だったのかと思うような寂しい展開だ。私はもっとスカッとするような復讐劇を求めていたのだが、どうも違うようだ。でも草彅の顔芸と走り方は相変わらず面白い。

この感想に共感したら1票を
+4

fulaboさん 

白石をみていると、自分を探ってみたくなる。でも人道をはずれた方法だけはダメだろ。露骨過ぎて、逆に笑える。

この感想に共感したら1票を
+2

NYさん 

2人の女性への白石さんの想いの動きや、様々な人間模様が折り重なって、最終回を前に更に盛り上がって来たと思います。次回が最終回なんて寂しいですが、どんな結末になるのか、最後まで見逃せません。

この感想に共感したら1票を
+3

えりさん 

梢はツンデレの時も好きでしたが、みんなから虐められているときもいいですね。富生はここは梢を助けるようにしてよりを戻せばいいのに。

この感想に共感したら1票を
+1

ミラさん 

富生が復讐に燃えて周りが見えなくなっていたのが、お母さんの意識が戻ったことで我に返ってくれてよかった。

この感想に共感したら1票を
+1

もずさん 

今回は未央と梢、それぞれの恋愛模様にも一応の決着というものはついたのかな、という感じです。最終的にインサイダー取引をやめた富生の潔さには参りました。そして赤松との最終対決…次回も楽しみです。今日、一番印象的だったのが梢が笑顔で富生を振り返り、会議に向かうところでした。最終回はぜひハッピーエンドを見たいです。

この感想に共感したら1票を
+4

カードさん 

今季のドラマは結構見ていますが、その中でも特に次回の気になるドラマです。原作が韓国ドラマということもあり、多少オーバーめな表現も目立ちますがとことんフィクションでも引き込まれてしまいます。

この感想に共感したら1票を
+2

かおりさん 

銭の戦争、毎週見逃さず楽しみに見ています。前回の逆転劇からどうなるのだろうとドキドキしながら見ていましたが、やはり赤松社長、一筋縄では行きませんでしたね。ただ今までは、白石さんと相手の頭脳戦が繰り広げられていましたが、今回は、みおちゃんの良心が白石さんのピンチを救うという展開で、白石さんの微妙な心の変化もとても見どころでした。

この感想に共感したら1票を
+3

横縞さん 

毎週、興奮して観てます。展開が二転三転して面白い。白石、赤松、互いの執念で金がどちらに転ぶか。その行方をみるのが楽しみです。奈落の底へ落とされながらも、ここまで這い上がれるのは知性があるから。自分でもそう思う。そういう類まれな記憶力、武器があれば再起できるのだと観てて思わずにはいられない。だから、自分も地べたを這いずり回っていながらも、のしあがってみせようと躍起になる。何かしろ能力があるのではないか。

この感想に共感したら1票を
+3

さん 

初回から観ています。私の予想では赤松が白石の味方についてくれて新しい会社を立ち上げるとか、こずえや未央も社員になって・・・。と考えていたのですが今日10日の放送を観て白石が改心したこと、これから未央と、こずえどちらを選ぶのか気になること、赤松の逆襲、20億の使い道。もう気になることばかり。特に今回の放送は最終回前とあって急展開でCMの間ですらテレビから離れられませんでした。私個人の感想としてはホワイト化学を買い戻して欲しいなぁ・・・。

この感想に共感したら1票を
+4

ウィンさん 

日々のなんでもないことが、本当の幸せなんだなぁ~と感じさせられる内容だった。

この感想に共感したら1票を
+3

みそ汁さん 

青池会長はどうせ自首するんだったら赤松を道連れにするように共犯だったというような形にすれば良かったと思います。赤松も後ろ暗いところがあるだろうから調べられればいくつか罪は出てくるだろうし、調べられているときは余計な手出しは出来なくなります。

この感想に共感したら1票を
0

はなさん 

梢と富雄の二人の話し合いも、信頼し合った二人って感じですっごいよかた。きっと梢は、挽回してくれるんだろうな。お金があっても、幸せって比例しないかもって思った回でした。

この感想に共感したら1票を
+2

健康さん 

銭の戦争の良心、紺野先生!紺野先生が八百屋でちょっとでもやすい野菜を選んでたり、タイムセールに参加しちゃうところは意味もなくジーンときた。金におぼれて麻痺した感覚を取り戻させてくれるのは、やっぱり地に足着けて堅実に生きている良心の存在なんだなと思わせてくれる。

この感想に共感したら1票を
+2

赤城さん 

今日はあまり面白いところがなかった。いっそ富生がインサイダー取引で40億手に入れた方が面白くなっただろう。しかし実際は40億は手に入らず、ホワイト化学も諦めた。あとに残るのは盗んだ金を巡る赤松との抗争だけ。

この感想に共感したら1票を
+4

マニ子さん 

父親の自殺からお金に取りつかれたような行動しか取れていなかった白石がやっと人間らしさを取り戻したような気がしました。20億を取るだけでなくインサイダー取引までしてお金を増やすつもりだったのに、それをやめてしかも20億を赤松に返す考えをするとは思っていませんでした。お金を奪うことはもちろんいけないことですが、父親の会社を取り戻すために頑張っていたのにそれを諦めてしまうのかと思うと面白みに欠けてしまいます。

この感想に共感したら1票を
+4

キャッチさん 

かつて嵌めた相手がまさか再び牙を向いてくるとは・・・まあ、赤松がそそのかしたんですけどね。紺野さんがピンチに!大金の使い道も、いったいどこへ向かうのやら?

この感想に共感したら1票を
0

ゾゾさん 

みおちゃんが今回は攫われてしまいましたが、それに対する主人公の焦りっぷりが良かったです。最終回はみんな幸せになってほしいです。そしてみおちゃんとくっついてほしいなと思います。

この感想に共感したら1票を
+6

とっくんさん 

面白かったです。みおちゃんの誠実でまじめで一途なところにほだされて、いつもの間にかいい感じになっている二人が良かったです。そして取引しなくてホッとしました。していたら赤松の思い通りになるところでした。

この感想に共感したら1票を
+2

ダンテさん 

白石は直前でよく取引を踏みとどまってくれたなと思います。

この感想に共感したら1票を
+1

ワニさん 

今回は「銭の戦争」のタイトルにふさわしく、物語の核心に触れていたような気がします。元上司の方とのやりとりのシーンはとても感動しました。お金に振り回され始めていた事にとうとう気づく事ができたのですね。そして、未央さんの優しさにも。

この感想に共感したら1票を
+2

ボクサーさん 

元上司を訪ねるとは!びっくりしました。未央さんの、いまの富生くんは赤松と同じだという言葉はとても印象的です。お母さんの意識がもどり、富生くんの心の葛藤が表れ始めていました。

この感想に共感したら1票を
+3

DVSさん 

一生懸命日々お金を稼ごうとしているけれど、健康で、楽しくて、家族が幸せならば、それが本当の幸せですよね。今後、富夫は、美央にいくのか、こずえさんにいくのか、この先が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
+2

グミさん 

美央ちゃんが、富夫にインサイダーを止める時のシーンとても良かった。富夫は、お金に夢中になりすぎて、本当の幸せを忘れていたよね。どちらが幸せかって・・・。

この感想に共感したら1票を
+2

めんさん 

目覚めた母親の目に、いったい何を見たのでしょう?私は「もう苦しまないで」と言っているように思えました。コズエとも心が通じあえて良かったと思います。

この感想に共感したら1票を
+1

ハンドさん 

赤松の欲の深さって底無しですね。白石に大金を盗まれたのに、それでもまだ儲けようとしている姿に、恐怖心すら覚えました。

この感想に共感したら1票を
+2

さん 

今日の内容をまとめると草彅君演じる白石君が赤松から奪った20億を株で40億にしそれで、脱税により捕まった青池会長の保釈金を得ようと思ったが母の意識がもどるや
大島優子演じるみおちゃんや白石君の高校の恩師紺野先生などの助言などにより金を増やすことにとりつかれていた目を覚ますというものになった。今日のを見て自分としては初めから盗むのは危険があるからもっと緻密に計画を練ってホワイト化学を取り返してほしいと思った。結局ホワイト化学を取り返すのもあきらめてしまったし残念だと思った。

この感想に共感したら1票を
+3

祥子さん 

インサイダーを辞めて、心動かされた白石を見て人間らしくなったなって安心したけど、この問題に関わっちゃった限り今後が心配。生きていられるのか。ていうかミオと結婚とかはしないでほしい。

この感想に共感したら1票を
+2

親子さん 

20億を手に入れたのに、冷静に運用しようとしている白石に関心しました。自分だったら旅行に買い物に貯金にってその20億のやりくりしか考えられない。世の中の金融関係者もそうなっちゃうのかな。

この感想に共感したら1票を
0

ピッツさん 

お母さんが目覚めた時の富雄の顔がとても優しく感じました。赤松が、お金を取った事を後悔させるってどう言う事何ですかね。これからどんな仕返しがくるんですかね。その逆境をどう切り抜けるか楽しみだなぁ。

この感想に共感したら1票を
+4

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.4 5.0 38 38 みおちゃんのおかげでインサイダー取引しなくて済んだね。とみおとみおちゃんいい感じだなぁ。現実でも生活費のやりくりで苦労し

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る