相棒13 12話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:58PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
aibou1

公園でホームレスと見られる男性の死体が発見された。前夜、付近で若者たちが騒いでいたという情報があり、捜査一課は不良グループによるホームレス襲撃事件と目測を立てるが、右京(水谷豊)は、遺体の状況から身元を見抜く。男性は、池本(長谷川公彦)という私立大学の生物学教授で、研究のための虫を採取していたらしい。池本の研究室を訪れた右京と享(成宮寛貴)は、そこで彼の研究とは無関係の本の山を目にする。
引用: http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0012/ 

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


えもんさん 

遺体の傍ら。お早う御座います、から始まります、研究熱心で、学舎とは知性の宝庫であり、特定の者達に専有される場では無く、利益を追求する場でも無い、と言う頑なな教授の死を中心に、展開していきます。昔ながらの教育者、ネットを使い自分の事情を正義とし、自己の利益に走る者、学舎の宝である知性、知識を運営損益の為に売り払う者、教える者、教わる者、のモラルハラスメント、考えさせられる今回でしたね。それと、犯人は以外な方でした。

この感想に共感したら1票を
0

るみさん 

ホームレスの殺害だと思われたのが実は大学教授で、その男性が図書館で大発見をしたことに関連して事件が起きたという、謎を紐解いていく過程はとても興味深く面白かった。
犯人と思われるような人物が何人もいて、実際、別の問題も起こしているのにでも犯人じゃない、じゃあ誰なんだろうという部分で非常にワクワクさせられた。その割には犯人の女子学生の動機と背景が、他の人物と比べて弱いように思えて、終わり方に少しがっかり感を覚えた。

この感想に共感したら1票を
0

スイスさん 

相棒はいつも問題提起をしてくれるドラマとして勉強になります。2018年問題は初めて聞いたので、国立大学も倒産してしまうかもしれないということに衝撃を受けました。大学での脱ぎます騒動で教授が言っていた「ネットに書き込まないように。そんなことしたら永遠に消せなくなる。無責任に噂にした自分も永遠に残る」これは本当に大切なことだと思うので、ドラマで言ってくれるのはいいなと思いました。沢山の人の心にささればいいのですが。

この感想に共感したら1票を
0

1月さん 

番組中の「確かに金はもならないな。でも、気づけば確実に人生を豊かにしてくれる知識、それこそが学問だよ」の台詞にはしびれました。いろいろな要素がたくさん詰め込まれていて、これで一本の作品というのはとても勿体ないな、とファンとして贅沢な感想をもちました。 

この感想に共感したら1票を
0

時計さん 

現代のIT社会が抱える問題点、独立採算の現在の大学のもつ悩み、ホームレス問題等、様々な視点から製作した社会派ドラマになっていて、そこに杉下右京がからみ、とても楽しめました。

この感想に共感したら1票を
0

トランさん 

面白く見ました、がそれは「相棒」なら当たり前なので、気になった点を書きます。
ネットで学生の弱味を握って動かすことを、犯人と、無関係な講師の二人がたまたまやっていたという偶然が?文学史に関する新発見を学生の功績にしてあげたくて、彼女に発見させるようにヒントを与えていた教授。はっきり教えると彼女の発見にできないからなのでしょうが、ヒントで誘導したって形の上での違いしかなく、探求の虫で頑固な教授が、そんなアンフェアをするのは不自然。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

教授を殺害した女性ですが、普通、そんな理由で人を殺す?と思いました。思わず「そんなことで?」とテレビにツッコミ入れてしまいました。相棒は昔から大好きなドラマですが、殺人の動機などが理解しがたいことが時々あります。しかも最後に教授の霊が現れる場面なんて、漫画みたいです。9時台の家族で観るドラマだったら、これぐらいのほうがいいのかな?

この感想に共感したら1票を
0

遠藤さん 

毎週リアルタイムで観ています。被害者だと思っていた人物が、被害者でも加害者でもあって驚きました。夏目漱石の逸話について紹介されましたが全く知らなかったので、いつもながら右京さんの知識の広さに感服です。今回は役者さんの瞳をアップにしてそこに状況が映っていたり、現在の右京さんたちの横で回想シーンが演じられたりとカメラワークが凝っていて面白かったです。

この感想に共感したら1票を
0

こうさん 

社会派の刑事ドラマと評されているので、今回はネットへの不適切な写真投稿がテーマかと思いながら観ていたら、いつも通り予想が外れました。

この感想に共感したら1票を
0

イイナさん 

犯人がまさかの脅されて服を脱ごうとしていた女性だったとは!いつも相棒のストーリーには驚かされます。最後まで見ていないと犯人が分からない作りがグッドです。たまには捜査一課が睨んだ人が犯人でもいいかな?と思っちゃいました。

この感想に共感したら1票を
0

プンさん 

右京さんはなんでも知っていて驚きです。ただし恋愛関係などは疎いですが。
毛虫について目をキラキラさせて語る姿が可愛らしかったです。
カイトくんと同様に私はちょっと引きましたが。

この感想に共感したら1票を
0

ハッピーさん 

相棒は度は過ぎているようですがこれから事件になりそうな事をドラマにするから感心します。非常勤講師って、給料が少なくてビックリでした。
右京さんの細かいところに気がついちゃうところ、やっぱり好きです。

この感想に共感したら1票を
0

ランプさん 

大学の噴水の前で脱ぎ始めて、みんなが写真を撮り始めると、講師が「無責任に噂する自分も残る」と言ってた言葉がすごい印象に残りました。

この感想に共感したら1票を
0

こうじさん 

今回は学究の徒の悲劇の物語です。表層の殺人事件の深層に「人はなぜ『知』を求めるのか」、「人はどのように『知』を求めたら良いのか」というような問題を忍ばせて、一人の善人(学究の徒)が殺人を犯してしまった悲劇が描かれています。しかし、さらにその深層に控えているはずの「相棒」同士の友情のようなものは今回は希薄だったように思われます。脚本の書きようによっては主人公の杉下警部一人でも解決可能な事件でした。

この感想に共感したら1票を
0

クックさん 

リアルな話題を取り込んだ展開は現実とドラマの境で面白いと思いました。ドラマの中に現実に私たちに向けられた問題がいくつもありました。ネットでしか人と繋がることができなくなってしまった今の人たち、人との関わりの中でわかることがたくさんあるはずなのにそれが難しい時代になってしまいました。犯人の学生は最後に右京さんが言った言葉で自分が殺してしまった教授の本当の意図を知ることになりましたが、これもネット社会に依存し人の心が見えなくなってしまった結果なのでしょうか。

この感想に共感したら1票を
0

ルルさん 

次から次へと池本教授が借りていた本のタイトルとスラスラと言える右京さん、相変わらず凄いなと思いました。理事長が犯人だと思ったら日本文学に熱心な学生だったなんて。でも、池本教授の言い方も良くないのでは、学校に必要されてないなんて、言われた方は辛い過ぎます。

この感想に共感したら1票を
0

ちえさん 

池本教授がいろんな本を図書館から借りていたのは、知り合いのホームレスに貸すためだったのか。

この感想に共感したら1票を
0

春川さん 

今回は、大学が舞台のストーリ―でした。まず思ったのは、理事長が大学の経営困難で、学校にある大切な書物などを持ち出して売ってしまうという行為ですが、簡単に持ち出せるものなのかな・・・と感じてしまいました。教授を殺してしまったのは、親しくしていた学生でしたが、後半までは犯人は絶対に理事長だと思っていました。

この感想に共感したら1票を
0

マットさん 

殺害された池本教授は、学生で株式投資をして結局、失敗しホームレスになった者に図書館の出入りをさせたり、加害者になった学生の研究の示唆をしたりと教師として素晴らしかった。資産運用に失敗して理事長が図書館の貴重な本を売ってしまうというのは、残念。

この感想に共感したら1票を
0

サインさん 

少子化で学生数減ることが想定され大学が資産運用をするとか、タイムリーな話題を絡めていた。学部を新設して常勤講師になりたい非常勤講師は、学生の注目を集めるためにネットを使って脅迫するのは、教師として言語道断。

この感想に共感したら1票を
0

岡野さん 

今回は撮影の仕方が違うなあと思っていました。右京さんや角田課長の眼鏡に映るパソコンの画面はずっとひっかかっていました。あとになって、学生が公園で騒いでいたところから見つけたのが眼鏡のレンズということ。米沢さんのところに行くシーンも目線になっていて面白い撮り方でした。眼鏡と聞いて浮かんだのは大学で脱ぐ騒動を起こした女子生徒のこと。目の悪いところを思い出し、丁寧に描かれていたと思いました。

この感想に共感したら1票を
0

ビームさん 

ちょっと文学等の知識にこだわりすぎたがために、肝心の事件の動機や話の流れの展開がおろそかになったような話でした。非常勤講師が学生を脅して罰ゲーム的なことをやらせたりして、それを特命係が突き止めたところと、
理事長が財政難の大学運営のために大学の図書館にある貴重な文学の資料を売ってしまったりというところまではよかったけど、教授を殺した人間が文学部の女子学生だったというのがちょっと腑に落ちなかったです。しかも殺した後になぜ転がる必要があるのかも疑問でした。

この感想に共感したら1票を
0

いすずさん 

久しぶりに観ました。教授が殺された日にその大学生達も脅されて、ゴミやジュースをぶちまけたりと不可解な事ばかり。
学生達のいろんな騒動の原因が自分の生活を守るためなんて、吉野先生のやり方は良くないな。大学生にもなってバイト先でふざけた写真を撮っていたのも、なんだかなぁって思ってしまいました。

この感想に共感したら1票を
0

楽々さん 

若者にありがちなネット社会を象徴するような事件でした。
裏で操っていた講師が犯人かと思いきや・・・地味で真面目そうな女子学生が犯人だなんて驚きました。ここのところ捜査一課の2人が右京さんに協力的で、柔和な雰囲気になってきたなあと思います。今回はカイト君にあまりいいところが見られないように感じましたので、フアンとしてはちょっと残念でした。

この感想に共感したら1票を
0

てんてさん 

特命係が殺人現場に来た理由が、朝の散歩って言っていたのが笑えました。
被害者がホームレスかと思ったら、大学教授で珍しい虫を探していた最中だったなんて。

この感想に共感したら1票を
0

捜査さん 

いつ見ても六角さん制服似合ってる。

この感想に共感したら1票を
0

飛鳥さん 

SNSの問題提起という感じの回でしたね。もう少し現実的でリアルに感じれる流れだったら面白かったのに。

この感想に共感したら1票を
0

いけさん 

生物学科の教授という設定だから「アリは餌のありかを仲間に伝えるために・・」みたいなうんちくを伏線で使っておけばよかったんじゃないかと思います。ところで、普通羅生門の初版本だったら禁帯出だと思うんですけど。小さなことが気になるのが僕の悪い癖です。

この感想に共感したら1票を
0

すぎさん 

大学関係の仕事に就いているので色々とリアルな面も描かれていて面白かったです。

この感想に共感したら1票を
0

とおるさん 

殺人の証拠を偽装するトリックよりも学生に手紙を発見させるトリックの方が面白かった。

この感想に共感したら1票を
0

公園さん 

今日の話は、犯人がバレバレでしたね。最初に目の悪そうな女性が出てきて、後半犯人の物証として眼鏡の破片が見つかれば、もう決まったも同然ですよね。オチがわかってしまって、ちょっとつまりませんでした。でも、恥ずかしい個人情報をネットで拡散すると脅されるのはかなり怖いですね。私も機械にはうといので、PCのセキュリティとかよくわからなくて心配になりました。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.0 4.0 31 31 遺体の傍ら。お早う御座います、から始まります、研究熱心で、学舎とは知性の宝庫であり、特定の者達に専有される場では無く、利

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る