相棒13 第5話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:51PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
aibou

右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)が留置場に入れられる。発端は4日前。食事をしていた2人は、無銭飲食でわざと捕まろうとしている男・滝沢(佐藤正宏)と知り合う。体調も思わしくない様子の彼は、どうしても年越しを拘留施設で迎えたいのか、「5年前に人を殺した」と口走る。そのただならぬ様子に引っ掛かりを覚えた右京たちが、当時の事件を調べると、目黒区で起きた連続強盗殺人が浮かび上がってくる。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


ロッチさん 

昨夜の回は、いきなり杉下警部と甲斐が牢屋の中に閉じ込められているところから始まり、「何が起こったの!?」と初めはのめり込めました。しかし、いきなり食堂で無銭飲食をする男性と出会い、5年前の殺人事件の真相に迫り、さらには、既に死刑判決が出ている男性も出てきて…私の頭の中は一瞬チンプンカンプンになりました。その後は、よくある流れで、警察組織内部の黒い話でスッキリしなかったのですが、最後は家族愛で締めくくるという、なんとも後味のよくない回でした。

この感想に共感したら1票を
0

フッフさん 

杉下さんの強引さが少し嫌だと思う内容だった。岩倉が娘に渡した靴下が盗んだものであることを隠すために犯人として捕まることにしたという点はまだわからないでもないが、それを娘に話した後の娘の行動には無理があると思った。盗んだものであることに変わりはなく、真実を知りたくなかったという気持ちが、冷静になったからといって治まるものではない。ドラマなので現実世界とは違うと思うが、今回は特にストーリーが暗く、だいぶ現実世界とはかけ離れてしまっていて、あまり面白くなかった。

この感想に共感したら1票を
0

ディーボさん 

特命係の二人が牢屋の中に入っているという衝撃のスタートから続きが気になって目が離せなくなり、ホームレスに関わっていく中でどうしたら牢屋に入ることになるのか不思議だったが、支署の警察とのいざこざで入ってしまったことは面白かった。
最後の方に甲斐が右京に対して何かを言いづらそうにしてるのを見て甲斐が仕事を辞めてしまう新展開かと思ったが、まだ始まったばかりなのでそれはないと安心しました。

この感想に共感したら1票を
0

スノーキングさん 

いきなり右京さんとカイトが留置所に入るという驚きのシーンで始まりました。殺人を自供している容疑者を取り調べたときのことを、カイトの昔の上司に話を聞きに行くのですが、以前に亀山くんの昔の上司が不正をする回があったので、もしかして…と思いましたね。右京さんが頑なに正義を貫こうとして相棒とぶつかる話が時々ありますが、今回もそのパターン。今回はカイトを応援したくなりましたね。大河内さんがやっと今シーズン初登場してうれしかったです。

この感想に共感したら1票を
0

ヘンデルさん 

冒頭の、2人が留置所に入っているシーンにいきなりびっくりでした。
今回もまた、カイト君の正義感がとても格好良かったです。
元上司を諭す場面などは、すばらしい演技力だと思いました。
しかし、父親との確執はまた収まらず(その反骨精神もカイト君らしいのですが)、今後ずっとこうなのかな?といつも気になっています。
司法取引なんて、ないほうがいいけど、もしかしたらあるのかな、と思わずにはいられないお話でした。

この感想に共感したら1票を
0

浮輪さん 

今回のテーマは司法取引でした。犯行を認める代わりに取引を持ちかける、犯人と警察との間での闇取引、実際にあるのかは私には分かりませんが、とても興味深い内容です。相棒シリーズは欠かさず見ていて好きな番組ではありますし、今回の内容も興味があります。ただ、興味はあるものの見ていて気持ちのいいものではありません。特命の2人の連携がバッチリで最後が気持ちよく笑顔で終われる、ファンの私にとっては、どうしてもそんな内容を求めてしまいます。

この感想に共感したら1票を
0

視聴率さん 

プレシーズンから全話観ていますが、杉下さんの正義というか、真実に対するコダワリが、回を重ねるごとに強くなっていき、ここ数年では行き過ぎな気がします。今回のエピソードでも、心底「コレ誰が得すんの?」と思いました。最後の岩倉と娘の仲直りや、処分に対する堀江の心の整理など、杉下さんのしたことを1時間以内に正当化するための、強引なドラマの解決策に思えてなりませんでした。杉下さんの真実に対する姿勢には、もうウンザリ。もっとミステリーとして楽しませてほしいです。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

最後、父と娘が、仲直りできて、よかったですね。司法取引は、何とも言えませんが、本人が本当に反省して、事実の証言であれば、あってもいいような気もしますが、事実でないことだった場合、冤罪がうまれてくるので、難しいですね。きっと、今回の司法取引も、優しさから、生まれたのでしょうが、悪いことがばれようとするときの、隠し方が、嫌でした。もしかしたら、警察が殺してしまったかと思ったのですが、それはなかったようですね。それが唯一救いでした。

この感想に共感したら1票を
0

ホートさん 

杉下右京の歴代相棒が通ってきた儀式のような「恩人が悪事に手を染めていた」事実を、特命係自らの手で暴いてしまうタイプの回でした。亀山・神戸ともにそんなエピソードがあって、押しも押されぬ人気キャラクターへと育っていったので、カイトもこれで名実ともに杉下右京の相棒になったと言えるかもしれません。
しかし今まであった話の焼き直しに見えなくもなく、長いシーズン続いているドラマだけどここ最近は終わってからすごく楽しかった!おもしろかった!と思えないのが残念。

この感想に共感したら1票を
0

ナッチさん 

甲斐次長が隠蔽を肯定するという意外な一面を見せた。これでは親子関係は修復できそうにないか。
事実を明らかにすることが誰にとっても得にならない場合があると言っても、実際に誰にどういう影響があるのか人には全てを見通すことができないなら、事実を優先するのが先か。
殺人で盗んだものを娘へのプレゼントにして、それが娘を傷つけないよう隠す為に、やっていない別な殺人をやったと認める取引をするという設定は作者の都合の気もしましたが、ともかく事実の解明がこの親子の関係を修復。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

冒頭、いきなり二人が留置されている場面から始まりストーリーに興味をひかれる。
話の内容としてはシリーズを通して時折みられる、法と正義の矛盾を問いただすようなもので、今回は司法取引の合法化を取り扱っていた。
無実の罪をかぶる動機が孫へのプレゼントが盗品であることを隠すため、というのは泣かせる。
法を順守することと真実を追求することのはざまで揺れるカイトの演出は面白かった。
ひさびさに大河内が出てきたが出番は少なめでラムネもなかったのは残念。

この感想に共感したら1票を
0

ふんわりさん 

今回はカイトくんが右京さんに反発するシーンがあってドキドキしていまいました。
亀山さんの時は安心して見れていたのですが、二代目相棒からはこういうシーンがあると相棒交代なのか?とドキドキしてしまいます。ど
こまでも真実を追い求める右京さんが大好きです。隠ぺいとか許せないのでしょう。だから出世しないのでしょうけど、そんな右京さんが大好きです。結局冤罪を晴らす方向になり、死刑囚の家族たちもカイトくんたちに感謝を感じてくれてよかったと思います。

この感想に共感したら1票を
0

sayomiさん 

旭川の刑務所だかが再犯率を下げる為に独房にベッドとテレビを入れたという不可解なニュースを見た後で、寒くなって来たのでタイムリーな内容だと思いました。
最近の刑事物は、婚外子がらみのストーリーばかりで食傷していたので、このホームレスさんの話は面白いかと期待しました。お?と思ったのは冒頭の右京さんとカイト君が留置所に入っているシーンだけでした。
最後も無理矢理キレイにまとめた感じで、父と娘・孫娘のお決まりのハッピーエンド(父は亡くなりそうですが)で残念でした。

この感想に共感したら1票を
0

evaさん 

冒頭から主役2人が逮捕されてしまい、CMで見る度にもどうなってしまうのかと気になっていました。
ついつい、外部の人ばかりが怪しいと思ってしまうのですが、甲斐の元上司があからさまな怪しい演技で、内部の関係という事が伝わりました(笑)
元上司が関係している事、犯罪者家族である娘が「もう忘れたい、穿り返さないで」という事を切に希望してきた時は、甲斐のセリフの通り「誰か得をするのか」と考えてしまいました。
真実が明らかになり、上層部のもみ消し方の汚さも面白いです(笑)

この感想に共感したら1票を
0

HIGHさん 

ダンカンさんが死刑囚役でしたが、1つの罪でえん罪でも、
もうひとつの事件で死刑判決がでているので、
死刑囚であることには変わりないという内容でしたが、
二つとも罪がえん罪で
結局は無罪だった。という設定で、
死刑確定後、執行されたあとにえん罪がわかった、などという流れだったらもっと面白いと思った。えん罪事件が実際に多い時代なので、執行後、無罪だったということが判明された例がないので、ドラマの中でそうだったら、もっと良かったと思います。

この感想に共感したら1票を
0

松雪さん 

いつもよりさらに頑固で真実を追う右京さんと、信頼していたかつての上司が冤罪を作り出していたことにショックなかいとくんが衝突するところが新鮮でした。ただ今回は内容が少し重く、右京さんの暴走や部長たちの責任のなすり付け合いが見れず残念。一課の出番も少なかった。
やはりいつものお笑い要素を期待して見てしまいます。
最後の冤罪の犯人の娘の変わりようも少し不自然であんなにコロッと考えが変わるものかな〜と感じました。

この感想に共感したら1票を
0

コロコロさん 

今回の相棒は、いつもと違う物語でした。最初杉下さんたちは定食屋さんで昼食をとっているところから始まります。すると、食い逃げをしようとしている男性を捕まえます。その男性を交番へ連れていくのですが、この男性が曲者でして、昔殺人事件を起こしていたみたいなのです。その曲者の男性は亡くなってしまうのですが、その人物の代わりに服役している男性を助けるべく、水谷さんたちが解決していくのです。今回の物語は、とても重い課題だと私は思いました。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.2 4.0 17 17 昨夜の回は、いきなり杉下警部と甲斐が牢屋の中に閉じ込められているところから始まり、「何が起こったの!?」と初めはのめり込

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る