杉山真太郎 2話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:1PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
sugiyama

ある夜、杉山(谷原章介)は長男の海人(須田瑛斗)が欲しがっていた巷で品薄の人気アニメのおもちゃを、何とか購入することに成功する。ところが、手に入れた矢先、物陰から現れた少年におもちゃを奪われてしまう。逃走する少年を必死で追いかけ、ようやく捕らえた杉山だったが、小児がんで入院している弟を喜ばせるために奪ったと少年が告白すると、おもちゃを譲ってしまい、美晴(本田望結)ら子供たちからはひんしゅくをかう。引用:http://www.tbs.co.jp/keibuho2015/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


もんぺさん 

なかなか良かったですよ。警部補・杉山真太郎の事件ファイルって題名だったので、バリバリの事件解決物かと思ったら、違ってました。まぁ、結局は彼の力で解決はするんですが・・杉山は奥さんが病気になったので、まだ小さな子供達のため、不規則な警察勤務を辞めて転職しようとしている真っ最中。辞職届を出しているにも関わらず、ズルズルと事件に巻き込まれて行ってしまう展開です。今回も施設の子供を使って犯罪を手伝わせるという卑劣な犯人を無事逮捕!次回からが楽しみな作品ですね。

この感想に共感したら1票を
0

めぐみさん 

課長が入ってきて杉山さんがいることに気づいた時の嬉しそうなところから、はやく戻ってきて欲しいんだな・・・と思いました。今回の事件の被害者が杉山さんがぶつかった男の子で、その上小児がんの弟なんていない一人っ子できっと悔しかっただろうなと思います。自分があったことのある人と被害者になってまた会うなんて悲しい再会でした。

この感想に共感したら1票を
0

サイパンさん 

弟のお世話もきっとお父さん以上に出来そうで、別に刑事の仕事を続けてても問題ない気がしました。きっとお父さんだって辞めたくない仕事だろうし、鑑識の方や部下からもかなりの信頼があるようで早く刑事に戻ればいいのにと見ててモヤモヤしました。

この感想に共感したら1票を
0

なかえさん 

お母さんがいなくなってしまうと、お姉ちゃんがしっかりするんだな・・・

この感想に共感したら1票を
0

江川さん 

第一回を見逃してしまったのですが、今回からでもすんなりストーリーを追え楽しむことができました。子どもを抱え、奮闘する杉山を応援したくなりました。美晴ちゃんのしっかり者ぶりもとても頼もしく思えましたし、入院している子に手作りのおもちゃを渡すシーンではちょっとジーンとしてしまいました。署の上司は仕事のために杉山を戻そうとしていますが、同僚たちは戻って欲しいと思いつつもその生活をも思いやっていて、むりやり連れ戻そうとしていないところにも好感をもちました。

この感想に共感したら1票を
0

てんちむさん 

わが子がほしがっていたおもちゃをひったくりに同情して、あげちゃう谷原さんがいい人すぎてじーんときました。そのおかげで後になって事件解決しちゃうのですが、警察を信用していない少年が電話をかけてくるシーンがよかったです。犯人も子供大勢に囲まれたら怖くてひるんじゃうんですね。
おもちゃを買えなくて段ボールで手作りしますが、案の定ダメ。でも最後には手作りをつけてもらえてよかったと思います。

この感想に共感したら1票を
0

ラモさん 

とうとう辞表を提出したのに課長のところで止まっていて文句を言いながらも捜査を手伝っているというとても緩い設定でしたが、妖怪ウォッチもどきの冒険ウォッチを使ってマイホームシングルパパぶりを強調しながら事件解決に猛進するという筋立てでした。家庭と現場を冒険ウォッチを共通軸にして描き一時間ドラマとしてはなかなか飽きさせない内容でした。そういえば辞めたつもりの主人公が職探しに余り熱心そうに見えないことと、事実上まだ警官の主人公が無断欠勤にならないのは不思議でした。

この感想に共感したら1票を
0

ココロさん 

ミッチは終盤を彷彿とさせてたね。あまあり視聴率が良くないのかもしれないけど空気を読まず来週も観ちゃいます!

この感想に共感したら1票を
0

かおさん 

なんか淡々と流れていく感じで要所というかポイントが分かりずらいね。

この感想に共感したら1票を
0

サーモンさん 

心配して見に来る子どもたちの祖母であるが、「警察を辞めたんじゃないの」と真太郎を注意するだけ。母親がいなくなった孫三人のために、もっと積極的に手伝う気は無いのかと思う。真太郎が本当に転職のためにパソコン教室に通う必要があるのかどうかは疑問だ。永峰などはまだ辞めて欲しくないと事件に関わってもらうようにしているが、鎌本が考えていた引き留め策は、やはり強引だ。

この感想に共感したら1票を
0

普通さん 

美晴役の本田は、杉山家で幼いながら母親代わりを頑張って演じているのが感じられた。ここは観ていて応援したくなる

この感想に共感したら1票を
0

むすめさん 

娘に冷たくいじられる杉山警部補をもっと見たいですねー。本当に刑事として優秀なのか?巷で人気の商品を子供のためになんとかして手に入れようとしたり、印象に残るのはやっぱり父親パートですね。

この感想に共感したら1票を
0

シャドゥさん 

刑事辞めるのか辞めないのか。今週は1時間になってコンパクトに纏まってたので、テンポは良かったのですが、家族シーンが少ない気がして物足りなかったです。

この感想に共感したら1票を
0

こうじさん 

杉山さんち、の家庭争議まだ続いてましたね、長女あっての、杉山家なのでしょうが、あの口うるさいのは、祖母様似なのでしょうか。今回は、住所不定の少年達と真太郎さんとの繋がりですね、出会う人によって、人は変われる、垣根を張らず接すれば理解してくれる、我ながら、無理ですね。物語の始まりは、一人の少年との出会い、変わり果てた少年との再会、大人の貪欲さに振り回され、仲間と言う、絆を利用し手先として、使う、そこに真太郎さんとの出会いで本当の信頼を知る少年達の話です。

この感想に共感したら1票を
0

みわさん 

「お前にお袋なんているわけないだろ」という大人の何気ない一言ですごく傷ついたと思います。誰にだって母親はいるのに、騙した挙句に吐いたセリフがこれなんて酷すぎます・・・。殴られた痛さよりも言葉の傷の方が深いと思いました。最後の病室のシーンで出てきた手作りの犬が可愛くはないのですが、一生懸命作ったのが伝わってきて可愛く思いました。

この感想に共感したら1票を
0

きんきさん 

初めてドラマを見ました。
現代の闇の部分が如実に描かれており、並び屋などという耳慣れない職業?稼業?にスポットが当たっていました。世の中の流行りものは、こうやってどんどん過熱していくのかな・・・と、冷ややかな気持ちを覚える一方 主人公の杉山のように正面からぶつかっていく情熱に、憧れます。まるで童話「北風と太陽」の太陽ですね。杉山の家族のストーリーにも、今後もっと入り込んでいってほしい。

この感想に共感したら1票を
0

レノンさん 

あんなに優しくて物わかりのいい警察がいたら、どんなに相談がしやすいか。困った事があったらすぐに行っちゃいそう。こんな優しい人なのに、事件を見る目はすごくって、証拠を見つけた時の厳しい目がとてもかっこいいです。今回は、病気で入院してる弟のためにひったくりをした子の話でしたが、次はどんな話でホロっとさせてくれるか楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

ぱっぱさん 

流星ワゴンより好き。変わり者かな?

この感想に共感したら1票を
0

ニューさん 

杉山真太郎は人情派過ぎるね。それがいいという人ももちろんいるだろうけど。あまり谷原氏には合っていないような…。

この感想に共感したら1票を
0

スザンヌさん 

ミッチと兄さんが出てたので○。

この感想に共感したら1票を
0

シワシワさん 

仮面ライダーで兄弟役やってた子が出てた。出る番組変わるとこうも変わるか

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.3 5.0 21 21 なかなか良かったですよ。警部補・杉山真太郎の事件ファイルって題名だったので、バリバリの事件解決物かと思ったら、違ってまし

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る