天皇の料理番 2話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:2,158PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
tennou

篤蔵 (佐藤健) は、兄・周太郎 (鈴木亮平) の指導教授・桐塚 (武田鉄矢) の計らいで、鹿鳴館として国の社交場であり、一流西洋料理店・華族会館で働けることになる。自らの前途は明るいと喜んでいたが、厳しい世界が待っていた。そこでは、料理に対して一切の妥協を許さないコック長の 宇佐美 (小林薫) と、スタッフたちが懸命に働いている。 下働きとなった篤蔵は、朝から晩まで、ひたすら厨房を掃除…
引用:http://www.tbs.co.jp/tenno_no_ryoriban/story/ 

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


デメキンさん 

このドラマ見て、毎回涙してます。今は亡く父親から、いつも東京の空は赤かったと、教えられました。千葉県は富津市です、住まいは!皇居は焼けてないと、聞きます!陰で料理人の、方々が、何かしてるはずです!最終回?こんな光景観れるの楽しみにしてます。人とは、すべて出逢い何だと?痛感するドラマに、感謝してます、有り難うございます。又歴史有る人物像の、ドラマに、期待します。木更津市では、毎年8月15日、花火大会してます。戦没者の、追悼兼ねてます、私は、花火大会に、打ち上げに、30年以上、携わっている人です、先代がいない今、昔話子供たちに、伝えられません。テレビの力で、楽しく悲しい。歴史ある、物語お願いします!期待してます、

この感想に共感したら1票を
+1

わくわくちゃんさん 

料理長の小林薫の佇まいが素晴らしい。職人であり芸術家であり、経営者であることを、そしてその全てが一流であることを、ただその立ち居振る舞いだけで見せる。「盗んだものだから、大切にする」安易に「今時の若い子には」と決めつけ、大切にする機会を奪ってしまっているのは、自分が大切にしてこなかった私たちの側にあると、思い知らされました。
いつの時代にも通じる仕事心を教えてくれる、素晴らしい番組です。
今日も真心を胸に据えて、景色の違う1日を送ります。

この感想に共感したら1票を
+1

かねごん2930さん 

篤蔵が料理長にノートを返すシーン。厨房に入った際、篤蔵の下駄は土足(黒い鼻緒)だったので、てっきりこれで再度料理長に叱られ首にでもなるかと思いきや、最後に篤蔵が下駄で自分の頭を打ち続ける際には上履き(白い鼻緒)でした。前のシーンで土足厳禁がキーワードだっただけに、このつながりのミスにひどく落胆しました、、

この感想に共感したら1票を
+2

匿名さん 

下駄で自分の頭を殴り回して
それで後、平気な篤蔵も只者ではない。
後に天皇の料理番になる事実を知らないで見ていたら
もっとスリリングだと思いますが、それはしょうがないですね。

この感想に共感したら1票を
+2

みのるさん 

ちょっと可愛そうなのが鈴木亮平演ずるお兄さんがおそらく労咳だろうと思います。また、黒木華演じる奥様の内助の功と申すのか、旦那をたてようとする感情が見て取れますが、新婚で何ヶ月も留守にしていること自体が変だと思います。まあ、一大決心の前に東京に行くと言っているので、次回が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
+3

明治さん 

主人公の離縁話が持ち上がってからの厨房での転ぶシーンで、主人公が下駄の鼻緒を繁々と見て『切れそうで切れない』と言った時に思った奥さんとの繋がりや、兄やんがお父さんからの手紙の束を逃げずに読めと主人公に諭すシーンが特に印象に残りました。人の痛みがわかる人になりたいとは誰しも思う事だと思いますが、私も沢山の方にお世話になり御迷惑をお掛けしながら今を生きています。せめて最低の感謝の気持ちと少しながらでもその方達の期待に答えられるように日々過ごそうと改めて思いました。逃げずに物事に挑戦する強い気持ちは何かきっかけがないとできないのかなとこのドラマを見てつくづく実感しています。心の鍛錬って難しいですよね(笑)次回も一波乱ありそうな予告編楽しみにしています。

この感想に共感したら1票を
+4

バリさん 

篤蔵が料理長のノートを盗むのを見て
そこまでやるのかとちょっと呆れた。
とんでもない悪い奴
どうしようもない最低の男だとガッカリした。
しかし、割りと単純で総料理長に許してもらい
蹴飛ばされなかった事で
改心してくれたので、これから少しづつ料理の心と
言うものを知っていくのだと思う。
妻とのことをどう思っているのか離婚してしまうのだろうか
妻に会えばきっと、良い妻に出会ったと気付くと思う。
離婚しないで行ってほしい。

この感想に共感したら1票を
0

コックさん 

『小さな手抜きが大きな失敗を招く』の言葉に共感しました。と、言ってもこの事の重要さに最近ようやくわかり始めたばかりですが(恥)早く一人前になりたいと、勢い余ってノートを盗む無鉄砲さに若い頃の私も似たような事やったなあと思わず回想して苦笑いしたり、真心で仕事をする大切さを改めて思い直したりと今回も一心腐乱に近い状態で見てました。仕事だけではない人との繋がりの大切さをさりげなく教えられるのもこのドラマに深味を添えている所だと思います。

この感想に共感したら1票を
+2

isekiさん 

主人公の佐藤健の「とろっと」したしゃべり方が面白いです。
確か数ヶ月が過ぎたところで、料理料理と焦っていますが
そう簡単に料理を作らせてくれるところはないのが当たり前で
また種々の職人技は昔から盗むとされているのに
教えてくれないとか騒いで
挙げ句の果てに料理長のレシピノートを盗んでしまうことになりました。

返すタイミングを計っていましたが
偶然もう帰ったと思った料理長が厨房で包丁研ぎをしており
運の悪いタイミングだったが料理長の計らいで
穏便に済ましてもらった感じでした。

そして、心を入れ替えたように
先輩諸氏の先回りをして指示された内容に
プラスアルファをした形で対応する姿勢が良かったです。

この感想に共感したら1票を
+1

NOさん 

小さな手抜きが大きな失敗になる。料理は真心だ、真心だけは自分次第でいつでも最高のものを出すことができる。確実にできるものもやらないで最高の料理なんてできない。親切にもらったものよりも必死になって盗んだものの方が大事にする。味を盗まれないようにするために灰をぶち込まれて渡されるような時代に、気持ちなく努力もなくして最高のものはできないんだということを宇佐美氏から教えられた篤蔵はいい師に出逢えたと思う。

この感想に共感したら1票を
+2

やすえさん 

料理人になるための修業が
なかなか進まない苛立ちをコントロール出来ずに
コック長の大事な手帳に手を出してしまうところは
やってはいけない若さゆえの行動だなと感じました。

大事な修行を疎かにし
結果ばかりを先急ごうとする主人公に怒りを覚えました。

でも、コック長はそんな彼を怒ることなく
逆に彼の気持ちを理解し
なべ洗い一つにしても
お客様への料理のおもてなしに繋がることを
彼に教えたところが、コック長ならではの愛情に思えました。

この感想に共感したら1票を
+1

さん 

鍋洗いの手抜きと、土足で調理場に入ったことでは蹴飛ばすが、調理法のノートを盗んだことは不問にする料理長。実際の調理に影響するかどうかが基準なんでしょうね。それと、早く良い料理を作りたいという気持ちで盗んだと見抜いていて、自分もそういうことがあったから責める資格はないと、包丁研に戻る。一生付いていきますという篤蔵の感動は分かります。

この感想に共感したら1票を
+3

王寺さん 

辰吉は、ナンキンのことも知らない篤蔵に対して
いろいろとルールを説明してくれて優しい。
コック長・宇佐美は、いきなり包丁を持って登場
新太郎は気絶しているので、篤蔵にとっては初対面で大ショックだ。
とはいっても宇佐美は、「ちゃんと鍋を洗えない者は
ちゃんとしたコック(シェフ)にはなれたことは無い」と一応
どうしてそうするのか示唆はしてくれている。

教えてもらうのでは無く、先輩のしていることを真似よう
盗めの世界なのだ。

篤蔵は、一旦、やる気は失うが
徐々に意味が分かってきて、長続きし始めた。
桐塚教授の言う通りになって来たわけだ。
それにしても俊子の篤蔵を信じる気持ちは、とても強い。

この感想に共感したら1票を
+4

ドンさん 

厨房での男の世界は今の時代も縦社会なんでしょうか。
そこはメインメッセージではないんでしょうけど
ブラック企業が騒がれる時代に何か伝わるのかなとも思いました。
本質を追いながら最後まで見届けたいです。

この感想に共感したら1票を
+4

郁美さん 

感受性を圧倒されるといより考えさせるドラマです。リメイク作品のようですが、今らしくない感じです。その中で、私に届いたのは黒木華さんが演じる主人公の妻の姿です。今回の最後のシーンで、離縁を決める前に夫に会いに行く決意をしてくれました。美化していい話しかどうかは難しいですが、愛と犠牲が報われますようにと祈りたくなりました。

この感想に共感したら1票を
+3

さん 

ドラマのタイトルの通り、天皇の料理番になることは間違いないのだから、個人的には夫婦の関係が一番、気になるところです。

今回のラストに東京に行くみたいな展開になり、予告では妊娠した風で。そこからまた波乱が起こりそうな感じで。今回の放送では、ちょっとだけ泣ける場面がありました。調理長が怒らなかったところです。

トクゾウさんと一緒に泣きそうでした。予告見ても来週が期待です。今回に限っていうと、つまらなかったです。

この感想に共感したら1票を
+1

板さんさん 

初回のワクワク感に比べたら
いきなり中だるみな感じがしました
でも、これからどうなるんだろうって期待はすごく湧きました。

この感想に共感したら1票を
+2

FRYさん 

篤蔵と宇佐美さんって似た者同士だよね。
気持ちの持ちよう1つで鍋洗いの仕事も楽しくなってきたのは良かった。
俊子さん、東京でどんな思いをぶつけるのかな。

この感想に共感したら1票を
+2

??さん 

篤蔵と宇佐美さんって似た者同士なんだなと思いました。
気持ちの持ちよう1つで鍋洗いの仕事も楽しくなってきたのは
良かったと思いました。
俊子さん、東京でどんな思いをぶつけるのかな。

この感想に共感したら1票を
+2

でんきさん 

張り切って華族会館に入ったのは良かったけど、待っていたのは朝から晩までずっと鍋洗い。
飽きっぽい篤蔵がどれだけ持つかが心配でした。
早く料理を覚えたくて、宇佐美さんのレシピノートを盗んでしまった。
けれども、宇佐美さんのびっしり書き込まれたノートを見て盗んでしまった事を後悔して、捨てられずに持っていたノートをちゃんと返せて良かったなと思いました。

この感想に共感したら1票を
+3

ぴーちゃんさん 

佐藤健さんの演技も上手くて
変わり者の主人公がこれからちゃんと
天皇の料理番までたどり着くのかが気になります。
自分的には陰で見守ってくれているお兄さんの暖かさに
感動を覚えています。これからの物語の進行が気になります。

この感想に共感したら1票を
+1

あかねさん 

天皇の料理番というタイトルと時代設計から考えると
古臭いドラマだと思いますが
確かに内容は昔の時代の話で結婚相手も親が
決めてきちゃうほどなのですが
出ている役者さんの演技が上手くて入り込んでしまいます。

この感想に共感したら1票を
+2

katoさん 

この主人公の男性は、まだ、精神的に幼いのでしょうね。
早く料理人になりたいからといって
盗みに入るなんて、普通の大人だったら、考えません。
まあ、彼がそれほど、真剣だったからなのかもしれませんが
リスクが大きすぎます。

この感想に共感したら1票を
+2

燕尾さん 

爪を切るのを忘れたからといって、肉が見えるほどの深爪は酷いです。想像しただけで痛そうでした。料理人を始めたばかりはどこでも洗い物が中心だと思っていましたが、何年もその作業を続けているとは思っていませんでした。美味しそうな料理が出来上がるのにも関わらず、自分はその料理を見ることもできず、ずっと洗い物を見ているというのも憂鬱になるだろうなーと思いました。

この感想に共感したら1票を
+8

結子さん 

料理人になろうと思ったら、下積み(皿洗いなど)が長いことは、昔も今も変わらないと考えます。

この感想に共感したら1票を
+13

魔法さん 

何をやってもうまくいかないろくでなしが
見習料理人としてデビュー
周囲に丁稚奉公として働いている人が多いなか
料理人になりたい異質な主人公
ある日、フライパンを2度洗いしなかったことが
ばれて口論になる、皿洗いばかりで
料理が作らせてもらえないことで不満が溜まり
シェフが持っているレシピノートさえあれば
シェフが作る料理が自分にもできる筈と考えて
レシピノートを盗んでしまう。
主人公は、盗んだレシピノートで
シェフが作る料理が本当に作れたんだろうか?
まあおそらく素人同然の主人公には、作れっこないと思われます。
展開的には、ノートを読んで
シェフの料理への熱意・想いを感じとり
尊敬の念を覚えたように見受けました。
辞めさせられることなく
続けられて本当良かったですね。

この感想に共感したら1票を
+9

しゃりんさん 

昔の料理人の方が衛生面に関して
かなり厳しく教えられていたのだと思いました。
まぁ、用を足した後に手を洗うのを忘れると
いうのは料理人以前の問題ですが・・・。

この感想に共感したら1票を
+13

のぼりさん 

今回は篤蔵の熱意で盗難事件がおこり
結果的にうまくいきましたが
そうではなくてやめていった人も多いのではないでしょうか。
篤蔵の熱意は大事な要素ですが
天皇の料理番になったのはこんな偶然も絡んでいたんですね。

この感想に共感したら1票を
+10

ふーんさん 

宇佐美さんのこだわりは分かりますが、下のものにちゃんと説明しないとやる気をなくしてしまいます。管理職としては下のもののやる気を出させるのも大切なことです。

この感想に共感したら1票を
+2

ひむたさん 

前回に引き続き、いよいよ篤蔵は華族会館で見習いとして働くことになる。蹴りまで入れられるくらい初日から大変厳しいものであった。篤蔵の仕事は来る日も来る日も鍋洗いやら野菜洗い、掃除などの下働きで、段々とやる気を失くしていた。前の日に鍋を洗い、掃除をして終わるのだが、次の日誰よりも早くに出勤し、また掃除、前日洗ってから一度も使っていない鍋をもう一回洗うのだが、宇佐美シェフに鍋を一度しか洗っていないことを見抜かれてしまう。皆に責め立てられ、篤蔵はかっとなって癇癪をおこす。宇佐美は「鍋もまともに洗えない者はいい料理人にはなれない」と一言だけ言う。宇佐美が修業時代からこれまで身につけてきた料理法の覚書を書いたノートを自分の机に鍵をかけてまで保管していることを聞きつけた篤蔵はとうとう部屋に忍び込んで、机の引き出しを壊して盗む。戻ると案の定警察が捜査している。こっそりと返すことすらできない。

宇佐美は篤蔵が盗んだと見抜いていた。篤蔵は捨ててしまおうと思ったが、中身を見てとても棄て切れるものではないと思い直し、宇佐美のところへ行く。宇佐美は包丁を研いでいた。篤蔵は宇佐美にノートを返し自分は殴られても仕方がないと言うが、宇佐美は自分もかつて似たようなことをしたから、攻める資格はないと篤蔵に言う。宇佐美は徳蔵に、必死に盗んでモノにしたものは親切で貰ったものより大事にすると篤蔵に話す。徳蔵は涙して、一生宇佐美について行くという。

徳蔵がこのとき盗んだものは宇佐美の心意気であった。このときから篤蔵は皆が何を欲しているのか気を廻して活き活きと仕事をするようになる。黒木華さん演じる篤蔵の妻俊子さんは本当に出来た嫁さんぶりがすごいなあ。何をやっても駄目だった篤蔵が、一歩の大きな成長を遂げた回であった。宇佐美は篤蔵のことをすごく買っているみたいだし、俊子さんの支えもあって天皇の料理番になるまでの成長が楽しみです

この感想に共感したら1票を
+4

しんせんさん 

鍋洗いもできない者が料理番にはなれませんよね。雑用と思われることの重要性を教えていただいた気がします。

この感想に共感したら1票を
+12

あおさん 

兄の病状は心配だし、福井の俊子の心情を思うと切ないけれど
料理の修業のシーンは地味なようで非常におもしろかったです。
真心を持ってすれば単調な仕事にさえもやりがいを感じることが出来る
成長した篤蔵の姿がまぶしかったです。

この感想に共感したら1票を
+10

リトルさん 

天皇家の料理を担当するまでに色んな抽象もあった事と思う。
私は今日の放送のシェフ格の人のたゆまない努力に
感動しその人の事を支持しついていこうと思う場面が
私は大変良かったと思う。

この感想に共感したら1票を
+9

ウマさん 

篤蔵には是非これから料理番として登りつめて欲しいと思いました。

この感想に共感したら1票を
+11

わさびさん 

今回もとても丁寧なつくりの見ごたえのあるドラマでした。
すべての俳優さんが本当に素晴らしい演技をしているし
佐藤健は作品によって印象がすごく変わるのが凄い。

この感想に共感したら1票を
+7

ゴイさん 

ドラマ途中から見たが何か仕事するには一人前になるにはそれなりに厳しい時もあろうかと思う、主人公のこれからがどんな風になるか楽しみだし時にははめをはずして遊んだりして気晴らし等。今放送している場面は吉原の遊郭の場面でもノートに何かメモる、何の仕事するにも大変な努力が必要だと言う事がよくわかる。

この感想に共感したら1票を
+5

ある日さん 

昔調理師をしていたので駆け出しの頃を思い出しました。料理長はあんな感じで厳しかったですね。篤蔵には是非頑張ってもらいたい。

この感想に共感したら1票を
+9

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.3 5.0 37 37 このドラマ見て、毎回涙してます。今は亡く父親から、いつも東京の空は赤かったと、教えられました。千葉県は富津市です、住まい

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る