地獄先生ぬ~べ ~第7話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:82PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
nuube

ある夜、ぬ~べ~(丸山隆平)は不気味な仮面をかぶった占い師から声をかけられる。その仮面男(明石家さんま)に言われるままに、赤・白・青のタロットカードから赤いカードを選んだぬ~べ~。
引用:http://www.ntv.co.jp/nube/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


いおみさん 

鵺野先生と連絡がとれず心配で律子先生がアパートに行くか行かないかでモジモジしているところが可愛かったです。ゆきめをはじめ皆さんの黒メイク、似合っていました。鵺野先生を助けようとみんなが奮闘している姿に感動しました。葛藤の末に助けに来てくれた玉藻京介は恰好良かったですね。今後の行方が楽しみですが、最後の無限界時空の吐血も気になるところです。今回の目玉は何と言っても明石家さんまさん演ずる怪人赤マントでしたが、良くも悪くも本人そのまんまでした(笑)。

この感想に共感したら1票を
0

えんもさん 

15年ほど前、アニメで『地獄先生ぬ~べ~』をリアルタイムで視聴していました。その頃はジャンプ作品ということを知らずに見ていました。当時は放送規制が今ほど厳しくはなかったので、お色気シーンやグロいシーンは普通にあり、面白かった記憶があります。今回の赤マントですが、明石家さんまさんご演じられるということで視聴しました。まさか、あんなオカマ臭いとは思っておらず、がっかりしました。もっとオドロオドロしいイメージでいたので、なんともいえませんでした。

この感想に共感したら1票を
0

コッコさん 

なんといっても、今回は、さんまさんが出演されるということで、先週からずっと楽しみでした。オープニングから覆面をかぶっていて、もしかしたら声だけの出演だったのかもしれませんが、ずっと仮面男は出演していたので、すごく楽しめました。最後の方には、ちょっとの時間でしたが、お面が外れて、さんまさんの顔が出てきたので、満足して観ることができました。

この感想に共感したら1票を
0

ばんばさん 

出だしから、ぬーベーが危機に陥ってしまったので、とてもハラハラしてみていました。夢の中では、仮面男の思うがまま。2度目の傷を負ったときには、もう心配でしょうがなかったです。しかし、あの男がやってきました。もこみちが演じる玉藻先生です。すごくカッコ良かったし、人間の心を感じ始めたシーンは感動で涙が出てしまいました。

この感想に共感したら1票を
0

漫才さん 

今回の話で、一番印象に残ったのは、ぬーべーが最後の方に、無限時空界の力によって左手の力の封印が解ける、というシーンでした。夢の世界で、ぬーべーや玉藻を支配していた仮面男ですが、こんな奇跡が起こるとは本当にビックリしました。きっと、親子のキズナがそうさせたのでしょう。人と人との深いキズナは、どんな悪よりも強いんだ。そう教えられた気がします。

この感想に共感したら1票を
0

関ジャニ丸山くんさん 

大人になった今、すっかり忘れていた地獄先生ぬーべー。
そんな時、ドラマがやると知って、鳥肌が立つほど嬉しかったです!
キャストもまぁ合ってると思います。りつこ先生は納得いきませんが…。でも、まさかの鬼の役が坂上忍!笑
もうそこは笑ってしまったけど、妖怪が出てくるシーンは怖い雰囲気もちゃんと出ていて、子どもは見ていて怖がっています。これからの展開も楽しみです!

この感想に共感したら1票を
0

怪物くんさん 

原作の漫画、アニメでは、小学校がテーマ。クラスメイトのみきや、きょうこ、ひろしなどのキャラクターが好きだったので、そこが高校生にアレンジされてるのが少し不満でした。でも、ゆきめや人体模型の妖怪。漫画でもでてきた妖怪達が久しぶりに見れて、あっ、こんな妖怪いたなーと懐かしく思いました。また、始まりのところのナレーション。この世には…って言うのはアニメと同じだったので、嬉しかったです!

この感想に共感したら1票を
0

天国先生さん 

地獄先生ぬーべーを見て原作の設定とは異なり少し残念でした。また、原作に出てくるはずのひろしやきょうこ、みきなどの重要キャラがでていなかったのも残念でした。しかし、これはこれで面白いなとおもったところもありました。例えば律子先生の妖怪嫌いがなかったり雪目のぬーべーの呼び方が違ったりバキと普通に話していたり律子先生が束縛されていなかったりしたところが新鮮でよかったです!

この感想に共感したら1票を
0

二回さん 

今回はぬーべーとたまちゃんの絆がうまれた回ですね。
もこみち演じるたまちゃん、かっこいーですね。
去る時に、白衣をバサッと振り払う姿、わざとらしく好きです。
それにしても、今回の敵役の怪盗赤マントにはビックリさせられました。
聞いた事ある声だと思ってたけど、顔を仮面で隠してたから、だれなのかわからなかったけど、最後の最後で「明石家さんま」さんだとは!ほんとに意外すぎて、びっくりしました。

この感想に共感したら1票を
0

時間さん 

初回は違和感しかなかったもこみちくんの玉藻先生姿がすっかり見慣れてしまいました。さんまさんが妖怪としてゲスト出演ということで楽しみにしてましたが実際ドラマをみて、さんまさんのあの独特な笑い方が妖怪としてはまっていることが一番の驚きです。それから鬼の手が着ぐるみ使用の猫の手に変えられていたことが、色んな意味でひどいです、赤マントも原作ではかなり怖い回でしたがまったく別ものっといったところです。

この感想に共感したら1票を
0

プラスさん 

いつもと違って、怖がりな私には「怖いな~」と思える内容でした。それが嫌なわけではなくて、ちょっと引き込まれるようなわくわく感で良かったです。
玉藻先生が助けに来たり、お父さんが力を貸したりするシーンはベタだなぁ~という印象。
相変わらず、原作とは別の作品という感じが受け入れられないですが、つい観てしまいます。
いつも流し観しないと退屈さが耐えられないのですが、7話はいつの間にか集中してました。

この感想に共感したら1票を
0

大澤さん 

娘が大好きで毎週欠かさず見させて頂いています。
今回の話は、明石家さんまさんが怪人赤マントで出演するというものでした。まず、怪人赤マントとという妖怪は居るのだろうか?むしろ、妖怪なのだろうか?と思ってしまったのが率直な感想です。内容に関しては、今回は絆がテーマになっていたかと思います。ぬ~べ~を助けようと奮闘していましたが、何か少し物足りなさを感じました。

この感想に共感したら1票を
0

ミルクさん 

関ジャニ∞の人がぬーべーが役にとても合っていて上手です。回を重ねるごとに上手になっています。生徒役の子が、高校生とは思えないほどの幼稚さに違和感を感じます。赤マントに明石家さんまさんの声が合っていないと思います。ただ、さんまさんが出る事を事前に知っていたので、子供たちがいつ出るかと楽しみにしてみる事ができました。

この感想に共感したら1票を
0

HAさん 

先週の予告で、今回はさんまさんが妖怪役で出演すると知り、さんまさんのドラマ出演は最近なかったので楽しみにしていました。でも怪人赤マントはずっと仮面をつけたままで、さんまさんの表情が分からず、いつ仮面を取るのかとワクワクしていたのですが、退治された数分間しか、さんまさんの表情が見られなかったのが残念でした。ぬ~べ~に倒され仮面が割れて、見えたさんまさんの表情の演技はとても良く期待どおりでした。今回は、さんまさん風ぬ~べ~になっていて、とても面白かったです。

この感想に共感したら1票を
0

ざざさん 

赤が好きか、白が好きか、青が好きか、と可愛く聞くさんまさんの声でドラマが始まり、今回はいつも以上に笑える場面が多そうな予感がしました。赤のカードを選んだ後の何事も起こらない沈黙や、ぬ~べ~の鬼の手が、可愛い猫の手になったのが可笑しかったです。夢の中の登場人物が、みな怖いメイクをしていた事に興味を魅かれました。リツコ先生が一番怖かったです。今週も玉藻先生の出演時間が多く嬉しかったですが、夢の中で怪人赤マントに背中を斬れらた時は、死ぬのではとハラハラしました。

この感想に共感したら1票を
0

杉原さん 

今回の話しは、明石家さんまさん分する「怪人赤マント」が、とても面白かったです。
夢を支配するので、鬼の手も猫の手に変えられてしまうところが面白かった。
どっちも大切な存在なのに、どちらか一方しか助けられないという質問は、誰も答えられないだろうなと思いました。玉藻と赤マントの対決も、なかなか良かったです。ぬ~べ~の事を助けに行くという、玉藻の気持ちの変化も見どころだったかな。大きな展開があるみたいなので、これからも玉藻の変化を見るのも面白いだろうな。

この感想に共感したら1票を
0

日テレさん 

何の見返りも求めずに、人のために尽くせるのか?と言った覇鬼の言葉が印象的でした。地球環境のために、割りばしを使わずマイ箸を持ち歩く、と答えた美奈子先生の返答が良かったです。小さな事でも、一人一人が行わなければ何の変化も起こりません。まずは行動する事が大切なのだと思いました。たとえ何の役に経たないとしても思いは届く、と言ったぬ~べ~の言葉が心に残りました。

この感想に共感したら1票を
0

おもてなしさん 

今回は一段とぬ~べ~先生と玉藻先生が活躍してましたね。二人のLOVEな連携プレイにより、強敵怪盗赤マントを倒すことができました。一度は気のない素振りで断っておきながら、ピンチには颯爽と現れて、颯爽と白衣をひるがえして去っていく。まさに玉藻先生は妖狐界のプリンセスと言えるでしょう。最後の最後でぬ~べ~先生の「猫の左手」いえいえ「鬼の左手」の封印を打ち破ったのは、ぬ~べ~先生と反目する父親。まだまだ様々なドラマが期待できそうです。

この感想に共感したら1票を
0

ミックスさん 

怪人赤マントと出会ったぬーべーは、夢の中で戦うことになります。怪人赤マントは無茶ブリだと、思えるような質問をしてきて
お前なら、どっちを選ぶ、どっちを助けるといったことを聞いてきます。ぬーべーが選べないと答えると、持っているカマを振りかぶり胸にキズを負います。胸にAの文字が刻まれたとき、死んでしまうのですが妖怪のたまちゃんと、ぬーべーのお父さんが助けに入りぬーべーは死なずに済みました。もしあそこで人を選択をした場合はどうなるんでしょうね?

この感想に共感したら1票を
0

さわさん 

原作を学生時代に読んでいた事もあり視聴する事にしました。舞台は小学校から高校に変わりましたが主人公の鵺野先生を演じる丸山氏等はとても親近感がもて良かったです。ただ、個人的な理由ですがまずこの物語は「小学生にありがちな失敗など経験しながらもそれを学びながら、生徒と先生との絆を結ぶ」というイメージでしたが、正直高校生にもなって「ウケるとか目立つ」などの理由で周囲や人物を見下す行動には正直ガッカリしましたし、逆に今時高校生でそこまで考えなしで生きてる方が珍しい。

この感想に共感したら1票を
0

荻原さん 

さんまさん、普段のキャラと全く違った感じで出てきて、いつもと違った怖さもあり、おもしろかったです。やはり、たまちゃんも、お父さんもたすけに行ってくれましたね。たまちゃんは、このドラマを見る前は、あまりカッコイイとは思っていなかったのですが、今回は、かなりかっこよかったです。赤マント、絶対に会いたくないですね。怖すぎます。

この感想に共感したら1票を
0

てるさん 

妖怪赤マント。通称A。原作のような怖さはありませんでしたが、夢の中では無敵で、強敵として立ちはだかり、ぬーべー、玉藻、時空の三人が協力し、少しだけ歩み寄るはなしで非常に面白かったです。次回から始まる絶鬼編への布石が用意された感じがしました。ただ、赤マントが子供達を狙う設定は活かして欲しかったなとは思いました。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.7 5.0 22 22 鵺野先生と連絡がとれず心配で律子先生がアパートに行くか行かないかでモジモジしているところが可愛かったです。ゆきめをはじめ

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る