地獄先生ぬ~べ~ 第9話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:143PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
nuube

ある日、絶鬼(山田涼介)という転入生が2年3組にやって来る。それは、兄である覇鬼(坂上忍)を、ぬ~べ~(丸山隆平)の左手の封印から解き放つために童守高校に舞い降りた覇鬼の弟で美しき鬼・絶鬼だった。
絶鬼はぬ~べ~に気付かれることなく童守高校に入り込み、美しすぎるビジュアルと気さくで妖怪好きな性格を装いあっという間に2年3組に溶け込んでしまう。しかし彼の目的は、ぬ~べ~をとことんまで苦しめた上で左手から覇鬼を解放すること。
引用:http://www.ntv.co.jp/nube/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


さもんさん 

今回は絶鬼がでてきましたね。原作もそうだったけれどどうして転校生で美少年系はオール白の学ランなんだろう。特別感があるよね。
違和感が一杯のお話だったけれど、鬼の手って本当、封印されている鬼のものだよね。俺の手!とか言ってるけど力を借りているだけだし。なんだか生徒と上手くいっているぬ~べ~が調子に乗っている回だったなぁという印象。妖狐や父親の力なしだとダメダメだったなぁ。来週最終回だけど上手くまとまるのかな。

この感想に共感したら1票を
0

シムさん 

ぬ~べ~と生徒の信頼関係も1話から比べると随分としっかりしたものになってきたし、見習い霊媒師の葉月いずなもだんだんと成長をみせて、なんだかしっかりしてきた様子。そんな中、人間を全く理解しようとしない絶鬼が現れ、妖狐の玉藻京介をはじめ、妖怪と人間の間に生まれた信頼関係はこれからどうなっていくのか楽しみです。絶鬼はぬ~べ~とどんな風に向き合っていくのかな?原作を全く知らなくて恥ずかしいですが、反対に原作を読みたくなりました!それに丸山くんはいい目をしてますね。

この感想に共感したら1票を
0

若葉さん 

絶鬼を演じる山田涼介君が、演技も上手でかっこよかったです。絶鬼は坂上忍さんが演じるばきの弟で、強いという設定だったので、次週まで持ち越すかと思ったけど、意外とあっけなくやっつけたので、ちょっと物足りなかったです。ばきは絶鬼の存在に気付いていなっかたみたいなのでそこも残念でした。ばきと絶鬼の絡みがあったほうがおもしろかったと思います。

この感想に共感したら1票を
0

ジムさん 

前回放送のラストにチラッと現れた絶鬼がいよいよ登場ということで、ぬ~べ~とどんな戦いをするのかと期待して見ていました。
圧倒的な力を持つ絶鬼、妖怪と人間との間で揺れる玉藻、封印されていた覇鬼、ぬ~べ~に対する律子先生の思いなどいろいろなものが複雑に絡み合った中での対決シーンは、今までにない迫力でハラハラしていたのですが、時空が現れたとたん思っていたよりもあっさり絶鬼が封印されてしまいちょっと拍子抜けしました。次回、覇鬼との戦いに期待します。

この感想に共感したら1票を
0

ハウスさん 

今回は絶鬼の話でした。敵は鬼でしたが、相手をなめた態度とか、冷めた考え方、表裏の顔が違うなどは、普通の中高生の大人に対する態度に似たものがあると思いました。鬼と戦う主人公が教師なので、尚更、学校の縮図を見ているようでした。ドラマでは魔力や結界やらで鬼を倒していましたが、そういった力のない現実の教師は、ああいったタイプの問題児にどうやって対応しているのでしょうか。同じぬ~べ~で違う結論の話も見てみたいと思いました。

この感想に共感したら1票を
0

えいえいさん 

次回の予告で丸山くんが出てきましたけど、出来れば出てきてほしくなかったです。いや、悪口ではないんです。バラエティーでの陽気な丸山くんも好きです。でも、ぬ~べ~は普段の丸山くんとは全く違う雰囲気で、それもまた大好きなんです。だからドラマ直後にぬ~べ~でない丸山くんが出てくると、ちょっと世界観が崩れるというか……ん~でも、逆に言えば、それだけ丸山くんの演技力が高い、ということになるのかしら。

この感想に共感したら1票を
0

ホットさん 

自分の立ち位置について悩んでいた玉藻先生ですが、ぬ~べ~がおいなりさんを見せた時に、嬉しそうに食べようとしたり、やはり良い妖怪に思えたので、絶鬼に狙われたリツコ先生を助けるだろうと考えていました。なのに、リツコ先生や生徒達を縛り上げて、悪い妖怪になってしまい驚きました。長い物には巻かれよ、的な考えで絶鬼に加担した事を残念に思いましたが、正しい事をするには勇気が必要な時もあると教えてくれました。
最後には、玉藻先生は良い妖怪になったので嬉しかったです。

この感想に共感したら1票を
0

MARUYAMAさん 

守るものがあるから強いのか、負の感情が強さの基なのか、難しい問題です。覇鬼は、正義の力と悪の力のどちらが強いかをサッカーに例えて、ミナコ先生やぬ~べ~に否定されたけど、それはいつもの事なのに「お前とは話が合わない」と今回は議論を止めました。いつもの覇鬼と違って元気が足りないなと思っていたら、最後には覇鬼の怒りが爆発する事に繋がったのですね。話し合いで解決できると良いのですが、怒り狂った覇鬼が、ぬ~べ~の手から空に飛び出した映像が凄くて来週どうなるのか心配。

この感想に共感したら1票を
0

キットカットさん 

私はアニメを見て育った世代で、この漫画が実写化されるとは思ってませんでした。関ジャニ∞の丸山君が主演ってことで、どんな内容なのか楽しみにしていました。6日放送されたゲストにはHey!sey!ジャンプの山田君でした。もこみちさんのツンデレ感は毎回たまりません。山田君にやられそうなところを助けてくれるなんて優しいです。いよいよ来週が最終回になります。すごく楽しみですね。

この感想に共感したら1票を
0

いとさん 

覇鬼の弟絶鬼との戦いでしたが、話のテンポが早いのと、絶鬼との戦いがちょっと内容が薄い感じで残念でした。原作ではみんなで協力しても、結局、窮地に陥って、鬼の手の封印までといて倒したのに、ドラマではそれらのシーンはほとんどなく、玉藻と無限界時空が力を貸して封印したくらいで、絶鬼が変身して鬼の姿になってからのバトルが全然なく、鉄球まで持っていたのに、最後に時空を道連れにするのに使っただけで、もっと鉄球使って戦って欲しかったです。

この感想に共感したら1票を
0

沼田さん 

ジャニーズVSジャニーズ、見ごたえのあるキャストで大迫力でした。相変わらず玉藻先生の葛藤も続いていますが、もこみちさんがいい味出していて感情移入できます。ぬーべー2人を取り合うヒロイン2人とイズナも最初は違和感がありましたが、すっかりなじんで応援してしまいます。クライマックスに向け、どうなるのか気になる人間関係ばかりですが…あえて現状維持でスペシャルで時々復活して欲しいなとも思います。

この感想に共感したら1票を
0

小森さん 

時空は、以前は困っている人から、高額な祈祷料を取っていたので腹黒い印象の人でしたが、本当の姿は違ったようです。ぬ~べ~を見放す冷たい時空の言葉と、父親を嫌うぬ~べ~の関係を悲しく思っていましたが、
雪女といずなと玉藻先生のおかげで、親子の距離が縮まり誤解も解けて、関係の修復できて安心しました。ぬ~べ~に協力するために、体調の悪い時空が現れた時は感動しました。鬼門に落ちかけている時空を、ぬ~べ~が必死に助けようと手を引いている姿に、見ている側も力が入りました。

この感想に共感したら1票を
0

ケイさん 

ぬ~べ~の鬼の手が、最後に人間の手に戻っていたので、「覇鬼を解放する」という絶鬼の目的は達成したようですね。ぬ~べ~と時空の親子愛に「ヘドが出る」とか、友情を語った生徒を批判した絶鬼だけど、兄を解放しに来たのは兄弟愛からですよね。リツコ先生や生徒達の説得で玉藻先生の気持ちが変わり、ぬ~べ~を助けた事など、相手を想う気持ちの大切さを考えながら見ていました。「鬼の手は誰の物か」で主張が違っていますが、お互いを思いやる事ができれば争いは起きないのにと思いました。

この感想に共感したら1票を
0

テレビジョンさん 

2回目の視聴です。今まで丸山君は関ジャニの中でも地味な方だったのでこのドラマで主役を演じてくれて嬉しいです。前回に引き続き丸山君のコミカルな表情や真剣なセリフのシーンが優れていて、彼の良さがとても出ていました。特にファンじゃなくても出演者がバラエティに富み、内容が理解し易く老若男女楽しめるドラマだなと思いました。来週の鶴瓶さんの出演も楽しみですが、終わってしまうのが残念です。

この感想に共感したら1票を
0

じごくせんせいさん 

今回の妖怪は青鬼の絶鬼で、赤鬼の覇鬼の弟がでてきました。演じたのはHey! Say! JUMPの山田涼介さんで、覇鬼の坂上忍さんの弟役になるわけだが、兄弟なのにぜんぜん似てないし、年齢が離れすぎているという設定が、少々気になりましたが、山田涼介さんがかっこいい高校生を演じてくれたので、よしとします。何とか絶鬼をやっつける事ができたぬーべーだけど、鬼の手がなくなり、普通の人間の手になってしまって、来週の最終回がどうなるのか、ホントに気になります。

この感想に共感したら1票を
0

京都さん 

絶鬼の役を演じる山田涼介、クラスメイトに溶け込む時は学園ドラマの時のような演技であったが、何かを企んでいる時の悪役の演技はこれまで見たことのないものだった。すぐに絶鬼の力が分かって絶鬼の側に立ってしまう日和見的な玉藻が滑稽であった。高橋英樹をいずなが、ちゃん付けで呼んでいたのは、珍しい場面だった。ぬ~べ~と親子との和解ができ、協力して絶鬼を追い出すことができて良かった。ぬ~べ~の力の源は、覇鬼の力なのだが、坂上忍が演じているので、その実力が分からない。

この感想に共感したら1票を
0

サムイさん 

ドラマも終盤。覇鬼の弟、絶鬼(山田涼介)が登場し、覇鬼や妖狐の玉藻の「妖怪と人間」に対する葛藤、ぬ~べ~と父、無限界時空の「親子愛」など、見どころが多くなってきました。この回は2回に分けてもっと掘り下げたものを観たかったなあと残念です。始まりからなんとなく観ていて、原作とかなり違うなど酷評も多いようですが、暗いドラマが多い中、こんなにエンタテイメントを重視しているドラマも珍しく、楽しく、また良心に訴えてくる…いいんじゃないでしょうか。もっと観たかったなあ。

この感想に共感したら1票を
0

ジャニーズさん 

山田涼介くんの絶鬼、すごく良かったです。人間に成りすまし生徒達と遊んでいる時の可愛い笑顔と、鬼に戻った時の悪い表情との変化に引き込まれました。玉藻先生を仲間に引き込むために、風に吹かれたカーテンの中から登場した時はゾクッとしました。ぬ~べ~に闘いを仕掛けている時の小憎らしい態度など、今回一番魅力的だったのは絶鬼でした。山田君の演じた絶鬼は役にピッタリで、違和感ありませんでした。鬼に変身した時は山田君の面影がなく、メイクも素晴らしかったです。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.9 5.0 18 18 今回は絶鬼がでてきましたね。原作もそうだったけれどどうして転校生で美少年系はオール白の学ランなんだろう。特別感があるよね

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る