信長協奏曲第2話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:48PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
nobu

戦国時代に迷い込んだサブロー(小栗旬)は、織田信長(小栗旬・二役)に容姿がそっくりなことを理由に身代わりを頼まれてしまう。折しも織田家は家督争いの真っ最中。本物の戦、醜い争いに辟易しながらも、サブローは織田家当主地位を勝ち取った。だが、信長の妻、帰蝶(柴咲コウ)は美人だが、どうにも気が強く、なかなかサブローに打ち解けようとしない。
引用:http://www.fujitv.co.jp/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


ステンドさん 

だいぶ織田信長っぷりが板についてきたな~と思います。また戦争で逃げてしまった信長が隠れた家に、前田敦子さん演じる女の子がいたのが、豪華だなぁと思いました。
実際は桶狭間の戦いがどう勝利したかはわかりませんが、現代風にアレンジした内容が面白かったです。

この感想に共感したら1票を
0

マイナーさん 

なんといっても今回は西田敏行の演技が光りました。さすがの重厚感、演技の厚みがすごいです。つっこみどころとしては、主人公の制服姿でしょうか。正装という意図は分かるんですが、30過ぎの小栗に学生服はちょっと、きついなと思いました。

この感想に共感したら1票を
0

アンダーさん 

第一話の話が面白かったので二話も見ました。今回のあらすじは結果的には歴史に沿っている内容になっていて面白かったです。また、斎藤道三がまさかタイムスリップしてきた警察官だとは意外で面白い展開でした。西田敏行さんの演技にはいつも楽しませていただいてます。

この感想に共感したら1票を
0

一と二さん 

原作漫画があるだけあって、2話も内容がしっかりしている印象でした。各キャラも個性的で印象に残ります。私自身は歴史は詳しくわからないのですが、濃姫など実際どうなのか調べてみたくなりました。
人物の心情や勢力変化がなど展開が早いので、1話も見逃さずに見たいです。
出演者の皆様の、演技力の高さから、より作品にのめり込んで観てしまいます。

この感想に共感したら1票を
0

あかまつさん 

第一話も面白かったが、第二話も冒頭からテンポよく進んで飽きさせない展開だったと思う。斎藤道三と娘の帰蝶の親子愛を中心に描いていたが、第二話全体で一番心を揺さぶられたシーンは、偽物の信長だと切り捨てたサブローが援護に駆けつけてきたとの報せを受けて、武士と現代人との狭間で揺れる表情を見せた西田敏行演じる斎藤道三だった。他の演者の演技も安定していて粗もなく、世界観にどっぷり浸かることができるため一時間があっという間に過ぎていった。

この感想に共感したら1票を
0

恭子さん 

平成の世からタイムスリップしてきた織田信長が戦乱の世をどう生きるのか気になっていた1話でしたが、2話ではなくしていた日本史の教科書をみつけることが出来てマムシを助けに行こうとした信長の行動から、平成の世から来た信長が歴史を切り開いた本当の信長であることが確信されました。平成から来た信長も戦乱の世で精一杯生きることを決意して今後の展開が期待される1話であったと思われます。

この感想に共感したら1票を
0

オットさん 

すごくおもしろかったです‼︎まさかのあの人も未来からトリップしてきた人だったなんて驚きでした。歴史の教科書が見つかってこれから役にたつのかと思いきややぶられているというところがいいですね。思うがままに生きても、教科書通りの結果になるのか楽しみです‼︎

この感想に共感したら1票を
0

ヨボさん 

原作を読んでいる身としては、帰蝶ちゃんの性格が真反対だったり
サブローがちょっと頼りなかったりして1話はモヤモヤしていたのですが、
2話はグッと引き込まれるような内容でした!
斎藤道三の帰蝶への不器用な愛が溢れた回になっていたなぁと思いました。
最後に強がり帰蝶の「感謝しております。信長様」に感動!
原作ではサブローが思いつきでいろいろやった結果、人望が厚くなってきて…
という件がカットされていていきなり犬千代らが現れたのはびっくりしましたが
来週も観ます!

この感想に共感したら1票を
0

マリオさん 

予想外の展開。まさかタイムスリップしてきた人間が他にもいたとは!
西田さん演じる義父の斉藤道三と信長がノホホンとポテトチップを食べるシーンなど面白すぎる。
このドラマは笑いと涙がメリハリよく描かれているところが良い。
今回は道三の娘帰蝶に対する愛情、信長と帰蝶に芽生えつつある夫婦の絆、信長と道三の互いを思いやる心など泣きどころも満載だ。
サブローは信長として生きるためにこれからどんな風に変わるのか。それとも変わらないまま自分を貫き通すのか?今後も楽しみだ。

この感想に共感したら1票を
0

二朗さん 

第二回は西田敏行さん演じる斎藤道三と小栗旬さん演じる織田信長と柴咲コウさん演じる帰蝶役が目立っていたが、向井理の演じた池田はさすが人気役者ならではの存在感があった。単に自分がすきなだけかもしれないですが。

この感想に共感したら1票を
0

サムエイさん 

コメディ風なのだが、この回は西田敏行が印象的で、父の愛情の深さを知って感動した。小栗旬は相変わらず好演。現代風でいかにもタイムスリップしてきた感じが出ていたと思う。柴咲コウの父の真意を知るまではやけにきっついなと思ったが、小栗旬に知らされて父の本当の気持ちを知った後の帰蝶の変わり方の演じ方が素晴らしかった。

この感想に共感したら1票を
0

ボーイさん 

一話目は観なかったけど、二話目からでもすぐに内容を理解できた。タイムスリップものは駄作が多いイメージを抱いていたけど、これは面白かった。本当は何よりも父の愛情を欲していた帰蝶と、何よりも娘を大事に想っていた道三。二人の想いが切なく、涙が出た。

この感想に共感したら1票を
0

優衣さん 

信長協奏曲を見た感想です。第1話も見ましたが、まあ、小栗旬が高校生というのはちょっと無理があるかなとは思うのですが、それ以外は見ていても面白いです。
役者も大物を使ってますよね。原作の漫画は知りませんけど、ドラマ自体はとても良くできていると思います。最後に「えー!」ていうところが出てきて、第1話につづいて良かったです。続きがとても気になる終わり方だと思います。

この感想に共感したら1票を
0

後藤さん 

今回の話で一番驚いたのは斉藤道三も現代からのタイムスリップ組だったというところです。信長が道三に加勢するために向かう所など、史実と重ねてあってうまいなと思いました。今後、まだまだ豪華な俳優陣が登場されそうなので、次回以降も楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

タアッチさん 

ドラマでこの作品を知り、こうした既に歴史が分かっているものをどのようにストーリー展開するのだろうと第一話を見て心配だったのだが、第二話の斉藤道三がまさか同じ境遇の設定であったとは、良い意味で期待を裏切られて今後が楽しみになって来た。
小栗旬が主演ではあるものの、共演者が豪華で演技が上手い方ばかりなので、作品自体がますます面白くなることを期待している。

この感想に共感したら1票を
0

ベストさん 

1話はコメディーみたいな感じだったけど2話はコメディー要素もありつつ歴史の勉強にもなりそうな感じで家族みんなで楽しめました。
歴史とか嫌いでも何回でも見たくなりました。

この感想に共感したら1票を
0

チェックさん 

意外と面白かった一話に惹かれて、二話も。月9で毎週観るのは意外と久しぶり。HEROですら、録画していまだに観ていないし。一話は柳楽優弥のインパクトが強すぎて今回はそれほどでもなかったけど、西田敏行も現代からスリップしているという設定は面白かった。あと、今川義元役の生瀬勝久のぶっ飛んだメイク、初めは誰だかわからず、声でわかったぐらい。来週以降、どういうキャラを展開してくれるか興味あり。音楽がいいなと思ったら、m-floの人らしい。

この感想に共感したら1票を
0

BBQさん 

小栗旬君演じる信長のように、未来からタイムスリップしてきている人がいるなんて驚きましたが、面白い話だなと思いました。
未来から来ても、歴史は変わらなかったので、信長はどうなるんだろうと思わされました。
最後に山田孝之君が出てきていましたが、どう絡んで行くのか楽しみです!

この感想に共感したら1票を
0

モグモグさん 

織田信長役の小栗旬さん、コメディータッチの役でも真面目な役でも配役に違和感なく見れるので、若い頃より演技が上手になったと思います。もし要望できるとしたら、着物や甲冑姿がとても素敵なので増やして頂けるといいなと思います。そうしたら女性の視聴率あがっちゃいますね。

この感想に共感したら1票を
0

トライさん 

前回より、だいぶ設定にも慣れてきましたので配役が誰か毎回楽しめそうです。斎藤道山役の西田敏行さん、ぴったりでしたね。この回だけのご出演でもドラマ自体に重みが増したように思います。

この感想に共感したら1票を
0

モッチさん 

小栗旬くんの話し方や、仕草が本当に、高校生のように若若しいところに、演技の上手さを感じました。
二話で、ベテラン西田敏行さんが登場したのも、ぐっとドラマに深みがでてよかったです。ずっと出て欲しかったです。
極めつけ、柴崎コウちゃんのリンとした美しさと演技力が光っていました。
向井理くんが柴崎コウちゃんを好きなのかなあと最後のほうで思い、今後の、3人の若者の恋なども気になります。
日本史の本が小栗くん(偽信長)に渡って、ほっとしました。

この感想に共感したら1票を
0

ダイエットさん 

一話目を見逃してしまった事と、歴史に弱い私ですが、タイムスリップという設定が斬新だと感じました。昔の事でありますが、子を想いながら本心を告げず里子に出し敵陣に送る親の苦悩。その心情を知らされず、親を信じて待ち続ける切なさ。自分の胸のうちを表に出すことも許されない時代。
死の間際になり、やっと想いを伝えられた事、やっと想いを知った時には相手が居ないという過酷な時代。歴史に弱い私も、引きこまれ胸を打たれる、考えさせられる内容でした。

この感想に共感したら1票を
0

たいこさん 

道三のタイムスリップなんて予想外で面白かった!!
てか、西田敏行の演技がうますぎる~
続きものながら毎回上手に完結していていい気分で見られます。
次回も楽しみです!!

この感想に共感したら1票を
0

滋賀さん 

さすが西田敏行!と思った第二話。食い入るように見ちゃいました。そして山田孝之は秀吉役なんて、今後の展開に期待します!あらためて信長の天下統一について勉強したくなりました。

この感想に共感したら1票を
0

パートさん 

明智光秀になった信長が出てこなかったのが残念。一話目は切腹シーン等なんだかグロいシーンがあったが、それがなかったので良かったです。齋藤道三はタイムスリップしてきてどういう経緯で道三になったのか知りたかったです。あと、道三は教科書のどのページを破いたのか。。。気になります。

この感想に共感したら1票を
0

朝日さん 

サブロー以外にもタイムスリップした人がいるという展開は意外でした。これからもそんな人が出てくるのかなと思いました。斉藤道三が1972年からタイムスリップしてきた人なのに、サブローの今時の若い人の話し方に違和感を持たなかったことにちょっとツッコミを入れたかったです。

この感想に共感したら1票を
0

時代さん 

初回に続き、2話も見ました!月9で時代劇って面白いか半信半疑でしたが、堅苦しいことなく、時代似合わないスニーカーやパーカー姿も面白いです。ただ、小栗旬さんが高校生役はまだ違和感があります。当時の人からしたらあたりまえでも、今だったらありえない事って結構あるなあと思いながらみてます。

この感想に共感したら1票を
0

300さん 

月9になんで時代劇?なぜ小栗旬が高校生?と期待せず始まり、でも一話見たから二話も見てみたら、、面白くなった来た!タイムスリップしていたのが自分だけでなく斉藤道三もっていうのが、元警察官って言うのが意表をついて笑えたし、西田敏行の配役もいい。全体的に無理はあるが、そこは原作コミックということで。歴史を導いた本当の信長はどっちなんだと最終回まで楽しみになった。

この感想に共感したら1票を
0

キッチンさん 

伝次郎が、まさか秀吉とは思いませんでした。歴史上の秀吉像とは、全然違うことに、逆にこれからの展開がおもしろくなるなと思いました。それも山田孝之さんの演技力にもよるのかもしれません。サブローは、道三同様このまま信長として、戦国時代で一生を終えるのか知りたくなりました。原作読んでいませんので。

この感想に共感したら1票を
0

すべるさん 

道三もタイムスリップしていたなんて、びっくりしました。歴史上の人物がわかっていないとストーリーについていけませんが、観る方にも日本史の教科書があったら楽しいかもと思いました。西田敏行さんもこの話1話でいなくなってしまうのかと、それにも驚きました。タイムスリップしていたからこそ、帰蝶さんの行く末を考えていた道三の心を知って、他にも、このようなしかけがでてくるのかと、ドラマの展開が今後も楽しみになりました。

この感想に共感したら1票を
0

フットさん 

今回の話で一番の驚きは、信長以外にもタイムスリップしてきた人物がいるということでした。しかし、信長は本物が別にして成りすましと存在していますが、斎藤道三はタイムスリップしてこなかったら、実在しないのかな?と疑問に思いました。あと、歴史を知らないと、登場人物の名前が出てきても良く分からないな~と思い、その都度調べながら見てます。

この感想に共感したら1票を
0

テントさん 

先週の途中から見始めたんですが、今の時代にちょうどいいテーマ(戦争反対)だと思いました。
一人だけタイムトラベラーなのかと思ったら、斉藤道三も1972年から来てたのは意外な展開でした。
木下藤吉郎(豊臣秀吉)は誰なのかわかりましたが、顔だけ出演していても、まだ誰かわからない人もいて、これからだんだんわかっていくのも楽しみです。
教科書をやぶったのがどう影響するのかも気になります。

この感想に共感したら1票を
0

ステーさん 

正直期待してなかったこのドラマ、第1話でハマり、2話も楽しみに見ました。
帰蝶の、悪者になってでも信長たちを守ろうとした強がり、父を助けに行ってくれた信長への感謝、そして号泣。
初めて二人の時に信長様と呼んだその台詞で、こちらまで涙が出ました。
山田孝之さんの役が何なのか今まで謎でしたが、まさかのまさかの木下役とは。いずれ信長とも和解するのか、今後の展開が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

おむつさん 

第一話同様、驚きの展開にとてもビックリしました。
ただ、せっかく出会った同じタイムスリップ経験者だったので、もう少し長く生きてこれからも出てきてほしかったです。
とても面白かったので、漫画が読んでみたくなりました。

この感想に共感したら1票を
0

せんさん 

一話目より二話目が面白かったです。帰蝶が少しずつ信長に心を開いていく様子も、やりとりも可愛いし、信長の考え方も気持ちがよいです。帰蝶の父も、信長と同じで、警察官の恰好で出てくるところなどは、とても笑えました。最後は、なくなってしまって、残念な結果でしたが、思わず、これからを応援したくなりました。

この感想に共感したら1票を
0

職人さん 

偶然に異境へ行くという異境訪問譚の類型をなぞっている以上、主人公の「成長」は既定の路線と思われたが、その人間としての「成長」は少し平凡に思われる。しかも先に異境(過去)に先に来ていた斎藤道三が未来に還れずに死んでしまった理由が示されなかったのが気になります。今後の展開のなかで、主人公が未来に還ることができる条件が示され、その過程で明らかにされることを期待いたします。

この感想に共感したら1票を
0

浜田さん 

斎藤(西田)がまさか1970年代からタイムスリップしてたとはびっくりした。もとはポリスメンだったんですね。学生服と警官の格好で話し合いなおかつポテトチップス食べてるしうけますね。斎藤が死んだのは残念でしたが。次も楽しみです!

この感想に共感したら1票を
0

ハウスさん 

サブローがリーダーシップを取り始め家臣が付いて来るようになり、また彼こそが歴史に名を残す信長だと分かってきたことで、面白くなってきました。
事情を知った道三は本能寺の変を教科書から破り、サブローは知らないまま、自分の意思で歴史を作り始める。
今の彼の優しさと、残虐とも見られる信長の史実をどう辻褄合わせをしていくのか興味があります。

この感想に共感したら1票を
0

バンカーさん 

タイムスリップものが大好きなので、毎回楽しみにしています。コミカルな部分とシリアスな部分がうまく織り交ぜられていて面白いです。西田敏行の制服姿も絶妙でしたが、もう出演はないのでしょうか、寂しいです。

この感想に共感したら1票を
0

ターターさん 

2話でもう偽物だとバレてしまう事がまさかの展開だったのでドキドキしました。偽物なのに教科書通りになっている事が面白いと思いました。
歴史のドラマはたくさんあるけどその中でも良いドラマだと思う。

この感想に共感したら1票を
0

家電さん 

まさか西田敏行扮する斎藤道三も、未来からきたとは思っていなかったのでびっくりでした。
ストーリーが一話完結のタイプになっているので、続きが気になってもやもやすることもなく、毎週観やすいなと思いました。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 4.3 5.0 41 41 だいぶ織田信長っぷりが板についてきたな~と思います。また戦争で逃げてしまった信長が隠れた家に、前田敦子さん演じる女の子が

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る