ゴーストライター 2話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:12PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
goosuto

遠野リサ(中谷美紀)は、川原由樹(水川あさみ)を正式にアシスタントとして採用する。由樹は、婚約者の尾崎浩康(小柳友)にそれを報告し、すぐに辞めることを約束する。 あくる日、リサは、やってきた由樹にいきなり連載中の小説のプロットを書くように言い渡す。有無を言わさぬリサの口調に、由樹は辞めることを切り出せないまま引き受ける。
引用:http://www.fujitv.co.jp/ghostwriter/trailer/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


コープさん 

中谷みきが書けなくなって、水川あさみにプロットを頼んで、それに肉付けをして、また、書き直す。そしてそれを元に小説を書いたら評判がよくなった。今は、これでいい感じだなぁと思いました。でも、これからどうなっていくのだろうと思うと少し不安な感じもしました。本当は、才能があるのに、ゴーストライターで終わるのはもったいないと思いました。

この感想に共感したら1票を
0

五千円さん 

最初は、あまり乗り気でなかった水川あさみが、自分が書いたプロットで物語ができたことで、その気になってしまったのは、なんか嬉しいような悲しいような複雑な気持ちになりました。せっかく、結婚も決まっていたのに、自分の夢をやっぱり諦めきれずに、ゴーストライターへの道へ一歩踏み出してしまったのは、仕方がないような気もしました。

この感想に共感したら1票を
0

わたしさん 

観ました。結婚について事細かく聞いていて、なんか雰囲気の悪い食事だと思いました。二人の関係を壊そうとしているのがはっきりと分かって大人の醜さを見た気がします。帰るときの音楽もなんだか世界が壊れていくようなイメージを作る曲で場面に合っていました。

この感想に共感したら1票を
0

さんみさん 

水川あさみさん演じる、荒削りながら文才ある女性の、結婚と自分の才能を伸ばしてみたいという若き時代の仕事への欲望には、身に詰まる現実の一面を垣間見た気分でした。

この感想に共感したら1票を
0

マネーさん 

文才がありながらも、自分の文才能力に行き詰まりを感じ、苦悩の末に、アシスタントの女性のフレッシュな文面に心惹かれ、徐々に彼女の文面をヒントに、自分の言葉での肉付けをしていく行為にはまっていく主人公の中谷美紀さんのシーンごとの表情が、とてもリアルで魅力を感じました。

この感想に共感したら1票を
0

とくダネさん 

水川さんの才能が開花してきました。が、婚約者との仲が心配です。危険を察知して今日でアルバイトを辞めるようにきっぱりと言ったところ良いと思いました。非難するところかな?役者さんがスマートな感じだからそう感じたのかも。もっと田舎っぽい女は黙って着いてこいって雰囲気を醸してる人だと反発したかな。自分が書いたものに満足出来て楽しくなってしまったから止められない、分かる気がします。

この感想に共感したら1票を
0

先生さん 

彼氏とのデートにまさかついてくるとは思いませんでした。確かに高級料理を食べさせてもらえるのは嬉しいかもしれませんが、絶対嫌・・・。

この感想に共感したら1票を
0

福岡さん 

幸せな結婚をするはずだったアシスタントが、作家になる夢をどこかで捨て切れなかった。婚約者が彼女に言った「どうせ作家になんかなれないんだから。」といった言葉が、彼女をゴーストライターへと歩ませるきっかけになるのではないか。また、作家自身のとりまく環境も興味深い。作家の母親との昔のぎくしゃくした関係や、息子が学校で問題を起こしてしまうのは何故か等、まだまだ明かされていない内容が多く、次回を楽しみにしたい。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

今回は、水川あさみさん演じるヒロインがゆっくりと遠野リサの腕の中に絡めとられていく様子がていねいに描かれていました。ストーリー展開がやっとスタートラインに立ったというところ。このまま、彼女は婚約者とも別れてしまうのでしょうか・・・?落ち目女流作家の欲に、ゴーストライターとなりゆく女の欲、二人を取り囲む人間たちの欲。このドラマはあらゆる者の欲望が渦巻いている感じがします。最終的に、だれが笑うんでしょうか?

この感想に共感したら1票を
0

プロさん 

本当は結婚するはずだったのに、やっぱり自分の夢を諦めきれなかった水川あさみ。人間の欲というものは、果てしないなぁと感じました。また、海辺で中谷みきがとても上手に水川あさみを誘導していく場面は、すごいなぁと思いました。そして決心して、ゴーストライターの道に一歩足を踏み入れようとしている彼女。これからの展開が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

ばぁさん 

ベテラン小説家の「才能があるが故の苦悩」等もズキンときましたが、
結婚か小説かと揺れて決定をくだすところも、わかるなぁとチクリときました。でもなにより「おまえのことは良く知っている」系の婚約者の男性が
ギャフンといわされるところが気持ちよかったです。

この感想に共感したら1票を
0

ウェブさん 

初回放送を見逃してしまったので、途中からでもわかるかどうか不安でしたが、ついていけました。次も観たいです。

この感想に共感したら1票を
0

たねさん 

今週も面白かったです。由樹は結婚よりもりさのもとで小説を書くことを選びました。悩んでいたところに自分の小説を使ってもらえたら由樹も小説家になるのを諦められないですよね。りさは由樹の小説を使いたくない、いつでも後戻りできると思っていても人間は一度簡単な方に進んでしまうと戻れなくなってしまいますよね。りさの書いた分は好評で、つまり由樹の才能は世間も認められたということで、今後の表の小説家りさと裏のゴーストライター由樹の女の戦いにますます期待です。

この感想に共感したら1票を
0

ぶりっ子さん 

現状の家族関係への苛立ち。そんなときに、川原由樹の姿が自分の姿と重なってみえ…。認めたくはないが、川原由樹の才能に徐々に気づき始めていく…。面白くなってきたなぁと思います。ですが、川原由樹の小説家になりたいという想いが、引っ越しの際に出てきた自作の小説だという設定が、少し残念に感じられました。もっと、本格的に小説家を目指した時期があり挫折をした、などというエピソードが欲しかったかなと個人的には思いました。

この感想に共感したら1票を
0

寒いさん 

遠野リサの心情がよくでている回でしたね

この感想に共感したら1票を
0

三鷹さん 

自分の夢である小説家に向かって踏み出している途中なのに、勝手に「辞めさせてください」と言った彼氏に腹がたちました。確かに、食事中の先生の話を聞いていると不安になるのは分かりますが、だからといって勝手に辞めるなんて言うべきことではないと思います。女性は男性についていくものという考え方がやっぱり根深いんでしょうか‥。女性だって自分の夢を追いかけてもいいと思います。

この感想に共感したら1票を
0

たんたんさん 

リサが他の出版社の原稿を落としたって聞いたときに、編集長はまっさきに自分の出世に響くか計算したに違いない。結局編集長は自分の保身のためにリサをいいくるめて、由樹まで利用しているのがむかつく。三浦翔平君みたいな純粋にいい作家のいい本を出したい!ってがんばってる編集者ってやっぱりほんの一握りなんだろうな~。

この感想に共感したら1票を
0

メットさん 

リサが由樹にプロットを書かせてたのは、途中までは本当に作家として独り立ちさせてあげようと思っていたのかなと思った。でもやっぱり自分の地位を失うのは怖いし、いけないとは分かっていても楽な方に流れてしまったリサの気持ちも分からなくはない。ダイエット中とは思ってもデザートを食べてしまう罪悪感的な。引き返せると思ってても一度ゴーストをやってしまうともう戻れないんだろうな。

この感想に共感したら1票を
0

ダディさん 

『ゴースト・ライター』というタイムリーな話題がテーマとなっているのであまり期待せずに見始めたのですが、時制を必要最小限に行き来しながら、物書きという仕事の辛さと魅力、出版界の抱える現実が骨太に描かれていて、毎回引き込まれます。書くときの文字が画面に出てくるというのは最近よく見かける映像ですが、確かに書物をしている時の筆が乗っている感じが良く出ていて上手く使われていると思います。次回、プロットから小説も書き始めて由樹がどう変わっていくのかが楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

ニノさん 

このドラマには恐ろしい魔女がいっぱい出てくるね。

この感想に共感したら1票を
0

セブさん 

明日までにプロットを変えるなんて難しいことを簡単にやって来いという一方的な言い方に顔は笑っているのに冷たい…。

この感想に共感したら1票を
0

まんぷくさん 

結婚する」ということを話した途端に、雰囲気の変わる先生が怖かった。

この感想に共感したら1票を
0

ぞうりさん 

コインランドリーにパソコンを持ち込んで、洗濯している間に小説の構成を考えるのはすごく時間を有意義に使っているね。

この感想に共感したら1票を
0

いすさん 

なんだか一話でちょっとずつ引き込まれて今日も見たのですが、やはり何か引き込まれます。淡々としている話だけどちょっと見たくなってしまうドラマです。今回は主人公の最後の幸せになるチャンスだったのではとちょっと思いました。これから先にゴーストライターとなるくらいなら結婚して彼と一緒になったほうが幸せだった気がします。どういった結末になるのか分かりませんが見続けたいです。

この感想に共感したら1票を
0

ぶんさん 

りさはさすが小説家だけあってセリフが由樹を戸惑わせる言葉が巧みだなと思いました。一度は結婚をして小説家を諦めようとしていた由樹の心を動かしていきます。人の心を動かす力があるりさは羨ましいですが、由樹が幸せな結婚を送ることを妬む女としての嫉妬も感じました。女の剥き出しな欲の部分が見えてぞくっとしますが次回も見てしまいそうです。

この感想に共感したら1票を
0

戸口さん 

銀行強盗して逃げる時にシートベルトしてるのは面白い。

この感想に共感したら1票を
0

トルネオさん 

だんだんと遠野リサがしがらみとか家族関係でがんじがらめになってきました。あのお母さんとか息子とか凄い負担ですね。人間多かれ少なかれそんなしがらみがあるので引き込まれます。一方の川原由樹の気持ちもわかります。小説のプロットの作り方とかわかってイメージがしやすいです。自分が知らない世界は興味が持てます。菜々緒さんをもっと出してほしいです。

この感想に共感したら1票を
0

マニさん 

ちょっとづつではありますが、家庭の事情がわかってきましたね。なんか大変なご家庭のようで、これからも何かと事件が出てきてきそうで楽しみですね。
結構相手にも、あんな言い方で怒らせてゴーストライターの気持ちを変えるのは、やっぱり小説家だなぁって思いました。

この感想に共感したら1票を
0

プリンさん 

中谷美紀がコワイ…
なんで笑ってるのに、目が笑ってないし。本当に演技が上手ですよね。あの演技に引き込まれてしまいます。

この感想に共感したら1票を
+1

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.7 4.0 29 29 中谷みきが書けなくなって、水川あさみにプロットを頼んで、それに肉付けをして、また、書き直す。そしてそれを元に小説を書いた

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る