ウロボロス 8話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:40PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
uro

突然現れた那智聡介(綾野剛)に拉致された美月(上野樹里)は、イクオ(生田斗真)と竜哉(小栗旬)の関係と児童養護施設「まほろば」の秘密を知り、衝撃を受ける。そして美月はある人物に新たな疑いの目を向ける。一方、連絡が取れない美月を心配したイクオは彼女の自宅を訪れ、荒らされた様子を目にする。そこに美月の父・日比野(光石研)と小夏(清野菜名)もやってきて…。
引用:http://www.tbs.co.jp/OUROBOROS/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


湯川さん 

イクオのバディの日比野が拐われてしまう。イクオの心配は的中してしまいさぞ不安な気持ちだったろうと思う。さすがに父親も心配したようだ。 仕事ばかりで余り愛情を持たない人なのかと思っていたがやっぱり人の子のようで安心しました。イクオが、バディの日比野を助ける為に協力する気持ちはよくわかる。でも竜哉の気持ちは違うようだ。 二人の目的が微妙にずれてきている気がする。 那智の登場で余計に話がこじれていきそう。 竜哉が実力行使に出てしまったのにはビックリ!まさか本当に撃つとは思わなかった。みんなの関係はどうなってしまうのか心配です。

この感想に共感したら1票を
+1

katuyaさん 

最後のあの終わり方。達哉は犯人じゃないと思うが、一体本当の黒幕は誰なのか?気になります。

この感想に共感したら1票を
+1

ユッティさん 

副音声があり、内容に集中してみたい気持ちもありつつ、やっぱり副音声でみてしまいました。吉田羊さんが参加されてまた楽しかったです。でもドラマは結構真実にたどり着きそうな大事なシリアスな場面でした。イクオと達哉に溝ができ、どちらの気持ちも理解できるので複雑な気持ち。そして那智聡介も真実を追い求める一人でしたが、怖いような良い人そうなキャラでシリアスなシーンが続くなかで『シスコン』で笑いを入れるあたりがこのドラマの楽しいとこですよね。

この感想に共感したら1票を
+1

ちえこさん 

毎週欠かさず観ています。だんだんおもしろい展開になってきてまほろばの秘密がわかった今回。イクオとたつやがどうなるのか来週が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

チャンネルさん 

ウロボロスを見たあとに、副音声のウラバラスを聞きながら見ていました。今回も最初に副音声を聞きながら見なくてよかったです。ドラマが頭に入ってこない(笑)一番印象に残っているのが、副音声で吉田羊さん歌っていた「口笛吹いて~空地へ行った~」のみんななかよしをムロツヨシさんと歌っていたのを聞いて、とっても懐かしく世代が一緒なんだと大笑いしていまいした。

この感想に共感したら1票を
+1

天童さん 

三島課長が「ややこしいことを抱えているのは分かっているが、俺らがいることを忘れるな」という言葉が温かい。

この感想に共感したら1票を
+1

あずみさん 

那智のカツラは不自然で怪しいが、事情を聞いて涙を流す美月が印象に残った。竜哉は美月にこだわる必要はないと言うが、やはり美月の父親の罠であっても助けたいというイクオの気持ちは、よく分かる。とはいっても美月の父親がそこまで悪であるとは思えず、「娘と向き合いたい」という気持ちは心底からだろう。

この感想に共感したら1票を
+2

暮雨さん 

ゆいこ先生をいまだに連呼する竜也にうんざり。イクオと美月の恋?のゆくえだけがこのドラマの吸引力になっている。また地味に小夏先輩の素性も気になる。

この感想に共感したら1票を
+1

秋代さん 

先生の敵を討つために二人は今まで事件の真相を追いかけてきたのだから、イクオはもっと頑張った方がいいと思います。次回の真相解明は見逃せませんね。

この感想に共感したら1票を
0

大雪さん 

本編のストーリーがあまり頭に入ってきませんでしたが結子先生の過去がだんだん明らかになってきてちょっと展開が重いですが楽しみです。

この感想に共感したら1票を
+1

大空さん 

公安=国家権力相手にヤクザがどこまで闘えるかと考えてしまうので、早く美月、イクオと一緒になって戦って欲しいな。

この感想に共感したら1票を
0

お星様さん 

ドラマも終盤に入り、まほろばでの事件の真相が明らかになっていく大事な局面になってきたものの、綾野剛の髪型があまりにも不自然でうさんくさく話に集中できない。コミカルとシリアスのバランスがよくないのが非常に残念。

この感想に共感したら1票を
0

マサ子さん 

日比野さん打たれちゃったけど、安否と日比野さんが掘り出したビデオの内容がとても気になる内部告発のために残したとビデオとのことで警察の闇が暴かれる。シスコンのお兄さんのサイドストーリーもやってほしいです。

この感想に共感したら1票を
+1

さん 

小栗旬かっこいいバイク乗ってるのがたまらなくいい。イクオとすれ違うシーンの二人の表情が今後二人の関係と行く先がどうなるか気になる。

この感想に共感したら1票を
+2

とまみさん 

那智が出てきて話が展開してきました。那智の見立てでは日比野監察官が黒幕で児童の臓器売買に関わっているとのことですが、それでは警視総監が撃たれたこととか無意味になってしまいます。公安を操っていた副総監とかももうちょっと裏がありそうです。急に出番が増えてきた小夏先輩もなんか関わっていそう。美月はイクオのことが好きとわかったので父親と板挟みになるんでしょうか。

この感想に共感したら1票を
+2

ビンさん 

なんだか真相にじわじわ近づいていくのを楽しく見ています。最終的にみんな幸せになれるんだろうかと疑問です。たっちゃんのバッドエンド臭が強すぎて結構心配しています。鬱っぽい展開は嫌なので、どうにかハッピーエンドにしてほしいです。

この感想に共感したら1票を
+4

三田さん 

まさかの衝撃的展開でした。真相がわかる前に打たれてしまっててびっくりです。一体あの日まほろばで何があったのかすごく気になっています。

この感想に共感したら1票を
0

らいかさん 

綾野剛の長髪(挑発)姿には無理があると思う。そしてクライマックスはなんと日比谷管理官とそれに付き添ってる女警官が倒れてるではないか。颯爽と現場を立ち去る達也。ここでドラマは終わるんですが来週はさらなる展開がありそうで楽しみ。

この感想に共感したら1票を
+1

ゆうさん 

黒幕が日比谷管理官だと思ったけど違った。あのネックレスに書かれた暗号は果たして何なのだろうか。

この感想に共感したら1票を
0

白石さん 

還暦前のおやじにとって、アニメ原作のドラマは見る前からパスすることが多いのだが、今シーズンのドラマで見続けているのは、この「ウロボロス~この愛こそ正義」1本だけだ。原作の人物設定がしっかりしているからか、実力のある役者が演じると、キャラクターが際立ってとても面白い。吉田鋼太郎や遠藤賢一、吉田羊など、今が旬のバイプレーヤーが絶好調だ。そして何よりの収穫は、陰影深い小栗洵、あどけなさと狂気が交差する生田斗真、そして嬉々としてキャラクターを演じる綾野剛それぞれの、アイドル俳優から一歩抜き出た演技だと思う。

この感想に共感したら1票を
+3

ケーキさん 

今回は、那智が何かしてくれるんだと思ったら、何も起きないんですね。なんだか予想外すぎてびっくりしました。

この感想に共感したら1票を
0

アルタさん 

なんで最後に、2人がピストルで打たれてしまったんでしょうか。謎です。
お父さんは主犯格ではなかったんでしょうか。そしたら、もっと悪い奴が居たって事ですよね。いったい誰が主犯格何でしょうか。すごく知りたいです。

この感想に共感したら1票を
0

ミルさん 

ストーリーの進み方が少し停滞している感じもしましたが、これから一気に終盤に向かっていくのだと思います。余談ですが、吉田鋼太郎さん、最近よく、お見かけしますが、やはり存在感がありますね。渋いです。

この感想に共感したら1票を
0

みどりさん 

少しずつですが「まほろば」の実態が明らからにされていきます。何故、児童養護施設という形で存在していたのか。今回少し出てきましたが、恐ろしい事実が隠されているようです。それと共に、イクオと竜哉の気持ちや行動に、微妙な食い違いが出て来ているような気がして、それも気になります。

この感想に共感したら1票を
+4

サラダさん 

イクオは共に生きていく人ができて、たっちゃんはひとりで孤独に生きていくの・・?悲しい・・・。本当にたっちゃんが日比野監察官を撃ったのでしょうか!次回も気になる!最終回まで見逃せませんね!

この感想に共感したら1票を
0

五月さん 

本当にどんどん核心に迫っていっていますね!少しずつずれていったイクオとたっちゃんの心、なんだか見ていてつらいなー・・・。そのくせイクオとミズキは最近心通わせている雰囲気すごい出てるし・・・

この感想に共感したら1票を
0

さん 

タツヤとイクオ早く元通りの2人に戻ってほしいです。タツヤとイクオが決裂してしまったら、また家族が減るってことになっちゃいますね。。

この感想に共感したら1票を
0

東西さん 

ヒビノ父の次は、ヒビノ父が掘り出した箱の中身が真相のすべてということですね。毎週毎週、ほんと気になるところで終わるドラマです。笑

この感想に共感したら1票を
+2

さん 

なちそうすけの登場により、話がやっと急展開!やっとずっと気になっていたヒビノ父が動き出しましたね!でも最後タツヤに撃たれたのか何があったのか、、まだまだ真相は全然わからず。

この感想に共感したら1票を
0

奈子さん 

美月の父親まで殺されて、ますますウロボロスの謎が深まるとともにだんだんと佳境に入ってきましたね。美月とイクオは警官仲間だし、ストーリー上、竜哉が単独で動くのは仕方ないのでしょうが、もっとイクオとの絡みがあるといいな、といつも思っています。

この感想に共感したら1票を
0

えびさん 

最後の場面で竜哉が拳銃を握りその側に日比野が倒れていて何が何だか分からなくなってきました。竜哉が一人で殺すとも思えないので、他の第三者がいたと思いたいです。

この感想に共感したら1票を
0

なかさん 

みずきを助けることを反対する竜哉と助けに行きたいイクオの間に、少し溝ができてしまったように思いました。一緒にゆいこ先生を殺した人に復讐するという目的があるはずなのに、進んだ道によって考え方が少し変わっていいるのでしょうか。

この感想に共感したら1票を
0

稲田さん 

今週は本編よりもウラバラスを楽しみにしていました!生田君と小栗君が同じタイミングで風邪をひいていたり、吉田羊さんのことをあいつ呼ばわりしていたり、今週もとても楽しんでみることができました。

この感想に共感したら1票を
+1

はるきさん 

イクオと段野の二人の想いは同じかと思っていたのですが、微妙に違いがありますね。イクオは美月さんに気持ちが入りすぎではないでしょうか?

この感想に共感したら1票を
0

カントさん 

段野のバイクに乗っている姿はかっこよすぎます。那智さんの妹のことがとても気になりますが、次回でまほろばの事件の真相が明らかになりそうですね。那智さんのことを考えると、妹さんには生きていてほしいですが難しいでしょうね。

この感想に共感したら1票を
+1

ガンボさん 

ドラマが進むにつれ脚本が酷くなってきてます。美月を心配してイクオが自宅に行くと部屋は荒らされており日比野と小夏が現れます。(日比野が総務担当の小夏に相談する理由、小夏と現場に同行する理由が理解不能) 那智は竜哉に会いますがイクオには詳しく事情を話しません。イクオは美月を救って問題の場所に急行、撃たれた日比野と小夏を発見します。展開を急ぐせいか次々謎解きをするためやたらとセリフが説明的で、シリアスなシーンでも役者さんの演技が白々しく見えます。那智役の綾野さんの演技が残念です。見るのが段々しんどくなってきました。

この感想に共感したら1票を
0

パスタさん 

こなつ先輩はただ居たから打たれたのでしょうか?それなら本当に残酷。もしかして那智の妹だったとかいう流れではと思ったりもしたのですが、やはり臓器売買の対象になってしまったということなのでしょうか。三島さんや美月それぞれとのイクオとの親密度が竜哉と対照的になってきてココも見所だと思っています。

この感想に共感したら1票を
0

くみさん 

ついに竜哉は打ってしまいましたね。これでまたイクオとの関係がぐっと変わってきてしまうと思うと悲しく切ないです。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.3 5.0 38 38 イクオのバディの日比野が拐われてしまう。イクオの心配は的中してしまいさぞ不安な気持ちだったろうと思う。さすがに父親も心配

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る