アルジャーノンに花束を 9話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:2,400PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
aru

ある日の朝、梨央(谷村美月)の病気のことで思い悩む檜山(工藤阿須加)は、ひょうんなことから鹿内(勝矢)と喧嘩になってしまった。「檜山がむしゃくしゃするのもわかる…」と柳川が檜山をかばうが、激高した鹿内は「ぶっ殺してやる!」と興奮が収まらない。と、そこへ竹部(萩原聖人)がやって来ると、「くだらない…、やるならやれ!」と二人をまくし立てた。そんな竹部の態度を見て、二人は冷静さを取り戻すのだった。 そんな夜、従業員が休憩している食堂へとやって来た竹部は、自分の過去を静かに話し出す…。一方、アルジャーノンにALGの副作用が認められることを蜂須賀(石丸幹二)から聞かされた咲人(山下智久)は、研究所へと戻っていた。
引用:http://www.tbs.co.jp/algernon2015/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


miyokoさん 

アルジャーノが死んだ。
解剖して調査の方向となったが
研究員の1名がアルジャーノを持ち出して逃げてしまった。
アルジャーノが亡くなったことを知って
サクトは何を思ったのだろう・・・
もしかして自分もアルジャーノの様に
死んでしまうのではと考えたのではないか。
逃げ出した研究員が考え直し戻ってきたが
サクトはアルジャーノを埋葬してしまう。
もしかして解剖によって何か手がかりが
掴めたかもしれないのに、自らその道を閉ざしてしまった。
アルジャーノは唯一の親友だったから
解剖は出来れば避けたかったのだろう。

この感想に共感したら1票を
+11

ダーリンさん 

ハルカは、サクトと教授の研究が邪魔されない様に
友達すらも近づけない様にしていたことが
サクトに知られ、軽蔑されてしまったが、
・・・余裕ないのは解るけど
ハルカの気持ちも理解して
まずは自分の事を何とかしてからと思う。
サクトは教授に「誰かの為にこの頭脳をつかわなければ
自分もアルジャーノも無駄になってしまう」と伝え
自分の治療より、友達リオの治療を選んでしまう。
ハルカは、おそらく藁をもつかむ気持ちで
サクトの母親にサクトに考え直すよう
説得してほしいとお願いに行くが
サクトと接することが出来ない母親は行動してくれるだろうか
サクトは母親の言うことに耳をかすだろうか、・・・
一抹の不安がよぎります。

この感想に共感したら1票を
+11

バラさん 

第9話になり、天才になったが冷たくクールな咲人から
真心や思いやりを持った咲人に戻り
どんどん観ているこちらの心が切なくて
胸がしめつけられる想いになった。

自分の事よりりおちゃんを助けることを
決意した咲人の想いに、切なく悲しくなってしまい
咲人がどうか元に戻らないで遥香と
幸せになって欲しいと言う想いでいっぱいになった。

ドラマを観ながらずっと涙が止まらなかった。

こんなに人間として、愛情、友情、思いやりなど
今の時代には忘れられているものが
たくさん詰まったドラマは、この他にはないと思う。

この感想に共感したら1票を
+19

四子さん 

今回の放送では、なによりも咲人が覚悟を決めた印象が強いです。
アルジャーノンの遺体を山中に埋めたときにも
退化に対して不安や恐怖はあるといいながらも
自暴自棄になるのではなく
腹をくくって自分がやれることをやるという強い意志と
父親譲りの他人への愛情に満ちた行動が
顕著に表れていて感動しました。

原作のストーリーから大きな逸脱はないものの
オリジナリティもあって強く印象に残りました。

咲人や梨央、またその周囲の
人々の今後の展開と結末が気になります。

この感想に共感したら1票を
+16

さちよさん 

言葉を介さずにすぐに暴力に走ってしまう。
なぐりあうことでしか自分の気持ちを表現できない若者を前にして
竹部さんの言葉はとても重いものでした。

自らのお腹の大きな傷を見せて
その傷の由来を話し、人に優しくしなければならないという
種をもらったと言い
それがまだ目の前の若者たちに届いていないことを
嘆く竹部さんの気持ちが切なくて心に刺さりました。

そんな竹部さんの想いが若い人たちに届いてほしいと強く思います。

そして、竹部さんに腎臓を提供してくれた、

その人こそ、咲人の父だったのではないかという
柳川くんの言葉で、咲人を大事にしていた
竹部さんの気持ちを改めて知った思いです。

離れていても、竹部さんは
咲人のことをきっと心配しているんだと思います。

薬の副作用をおさえるために
蜂須賀さんと研究をはじめた咲人。

より強い薬ということに
とても危険性を感じるけれど、咲人の気持ちもわかります。

かつての咲人の笑顔を見ながら
今の咲人はつくづく別の人なのかなと不思議な感じです。

今の咲人の笑顔も見れたらいいのにと心から思いました。

梨央ちゃんのために、無茶をする檜山くんが心配でした。

それを知って行動を起こす咲人を心配する遥香もまた
精神的に今にも壊れそうでとても心配。

アルジャーノンの死をのりこえて
動物実験を待たずに新薬を自らの体でためす咲人に
ただならぬ強さと怖さを感じました。

自分のことをあとにして、梨央ちゃんのために
尽力しようとする咲人を、遥香は切なく見ていたことでしょう。

新薬のききめと副作用、お母さんとの関係
悲しいことが起きなければいいと
ひたすら願いながら来週をまちたいと思います。

この感想に共感したら1票を
+18

ぽんさん 

人の持つ愛情が、それぞれどのように愛情を与えた人に
感じてもらえるか考えさせられました。

相手を大切に思うあまりにとった行動が
「冷たい愛」ととらえられてしまったり
愛する人のために何もできない自分がモヤモヤして
怒りにかわった行動をしてしまったり
今の現実から何かを失ってしまうかも?という
恐怖もありながら笑える自分がいたらいいな。と
毎回、考えさせられるドラマですが
今回の回では、愛情、優しさ、そして、強さがおりまざった
すばらしい回でした。

この感想に共感したら1票を
+15

ありささん 

知能があがってクール(冷酷)になった咲人ですが
アルジャーノンを埋める時はさすがに
人間味あふれるシーンでとても悲しくなりました。
でも、解剖されなくてよかったです。
死んだアルジャーノンに咲人の
近い未来を見せられたような気がしました。
「つらい時こそ笑顔」をという言葉や
かつての咲人のシーンをみるにつけ
なんだか悲しくなって涙が止まりませんでした。

この感想に共感したら1票を
+16

せんちゃんさん 

食い入るように見てしまいました。自分を犠牲にして、友人の梨央を助けようとする咲人。友人を助けたいと思うのはもちろん分かります。しかし、自分を犠牲にすることによって悲しむ人もいる。周りの愛する人のためにも、自分ももっと大切にしてほしいなあと少し思ってしまいました。次回の予告では、薬の副作用がでてきているようですし、どうなるのでしょうか。悲しい展開になってきていますが、少しでも登場人物たちがすくわれる結末になればなと思います。

この感想に共感したら1票を
+10

さん 

いよいよ来週で最終回ですが、野島氏なだけに
原作を絶対にアレンジして欲しくないラストは
バットなものを期待しています。
アルジャーノンの死によって
己に起こりうる近い将来を確信した咲人が
心は完全に術前に退化(あえてそう言います)するのが良かった。
遥香の思いと行動は、原作と全く違うし
女性側からしても、イマイチ共感も理解もできません。
変わり身の早さも不自然でしたし。
今作のヒロイン(遥香)は、あまり好きじゃないです。
ヒロインは、断然!ユースケ版の菅野さんに軍配です。

この感想に共感したら1票を
+12

ほんのりさん 

毎週かかさず見ています。
原作を読んで衝撃を受けてから
早20年。ユースケ・サンタマリアさん版と
比較されがちですが、私も比較を楽しみつつ、こちらも見ています。
原作とは違うエピソードが多い(ユースケ版より)ですが
そこは流石の野島氏!自らの「アルジャーノン~」にしてしまっていますね。しかも、原作には忠実な部分を残しつつ。

この感想に共感したら1票を
+8

さん 

咲人と竹部さんの関係がお父さんを通してだと知り
咲人を大切にしていた理由が分かりました。
アルジャーノンが死んでしまい
これからの咲人がどうなってしまうのか続きが気になります。

この感想に共感したら1票を
+10

ナンバーさん 

アルジャーノンのお墓に一緒に埋めた(それもケースから出して!!!)花の種は遺伝子組み換えなのでは…
そんなものを植えてしまうというのは、倫理的にどうなのだろう?

この感想に共感したら1票を
+8

さん 

前のアルジャーノンとどうしても比べてしまうところがあるのですが
今回の設定でどうしても気に入らない場面が
今回の放送回でもありました。

どんな事情があるしても人を殴るシーンは気分が良くないです。

ドリームフラワーサービスで働く人たちは
保護観察の人ばかりなので
そういうシーンを出すことで犯罪を犯した人は
更生しないことを表しているように感じてしまいます。

竹部さんも昔は警察沙汰になっていたことには
なんとなく納得しました。

過去に自分を助けてくれた人のようになろうと
保護観察中の人たちに働く場所を与えて
暖かく見守ってくれているのに
どうしてそれが伝わっていかないのかと悲しくなりました。

この感想に共感したら1票を
+14

ロッピーさん 

ドラマ全体を一遍の詩や哲学のロジックのように酔えばいいのかもしれませんね。山下智久くんの咲人は、舞台なら映えそうですね。シェイクスピア作品を見るような目で味わうことができたら、きっと、高揚感が生まれる。そこに焦点を置いて欲しいなぁ。

この感想に共感したら1票を
+4

みかんさん 

今回も、涙なしには見られない回でした。
花屋の社長と咲人のお父さんとの関係が明らかになり
そのお父さんの血をたしかに受け継いだ咲人の行動に
感動して胸がしめつけられるようでした。

主演の山下さんに対しては、これまで
役者としてほとんど興味もなく
この作品でも最初は違和感がありましたが
今となっては、見事にこの役にはまっているなあと思わされます。
来週も、どれだけ泣かされるのかと思うとたまりません。

この感想に共感したら1票を
+8

miyaさん 

人間を研究の対象としか見ない蜂須賀の研究室から
優秀な人材が去って行き
梨央のベッドの周りに、咲人達研究員が集まりました。
人の為に自分の知能や技術を使うために集まった人達です。
今日は、涙が止まりませんでした。
来週で終わってしまうのは淋しいです。

この感想に共感したら1票を
+16

terasuさん 

咲人の父親は、竹部の命を助けて死んでしまいました。
父親と同じように咲人も、人を助けることができるなら
自分のことは二の次にしてしまう性格だったのです。
梨央を救うことで、アルジャーノンと咲人の存在価値は
永遠に残るかもしれないけれど
あまりにも悲しく、美しい物語だと感動しました。

この感想に共感したら1票を
+21

Jeyさん 

ついにアルジャーノンが死んでしまい、悲劇への階段を降り始めたようだ。
それにしても、アルジャーノンを埋めたのが、裏庭ではなく遠くの山の中で、一緒に行ったのが小久保だったとは。
原作どおりにストーリーが進むとしたら、咲人が最後に出す「………アルジャーノンのおはかに花束をそなえてやってください………」
という手紙は誰に出すのだろう?

この感想に共感したら1票を
+16

すべすべさん 

愛の形にも色々ある、そう感じました。
咲人のお父さんがしたような心の底から人に優しくするということを
咲人もしようとしている所から性別問わず
人のためなら自分が犠牲になってでも救いたい
そんな気持ちがとても伝わりました。

自分に余裕がある時でないと
なかなか人に優しくするのは難しいと思います。

けれど、自分が相手を幸せにしたい
その気持ちが何より強いから人のために全力で頑張りたい
そんなことを感じました。

究極な選択の時に、人のことを一番に考える
その姿勢にとても感動しました。

この感想に共感したら1票を
+12

あゆみさん 

面白かったです。アルジャーノン死んじゃって
何の花を植えたのか気になる。

そして栗山千明の役がだんだんムカついてきました。

最終回前にしてりおちゃんは治るのか
サクトは死ぬのか分からなくてドキドキします。

前作とは違った結末なんだろうな。
やまぴーの障がい役をもう一度みたいから戻ってくれたらいいな。

死んでほしくない。
ハッピーエンドにならない原作だけどハッピーエンド希望してます。

この感想に共感したら1票を
+8

慶子さん 

咲人は命をかけて、梨央を助ける為の研究を選んだんですね。
そこまでするのは、咲人とアルジャーノンの存在の意味が無くなるから
とてもその気持ちは分かります。
遥香は咲人が元に戻っても、気持ちは変わらずにいられるのだろうか?
アルジャーノンが死んでしまったので、咲人も死んでしまうの
助けてあげて!このまま元に戻ったり死んでしまうのは嫌です。
辛すぎて、次回が見れないかもしれません。

この感想に共感したら1票を
+8

さん 

咲人は自分の治療を後回しにして梨央の薬の開発をしますが、父親の生き方を見習っているようです。最初から母親に対する強い欲求があるのに父親に対する欲求がなかったのが不思議でしたが、咲人が成長するに従って父親に対する愛情が強くなっていったんでしょうか。咲人自体は直接認識していませんが、父親の幻覚をみるのはそのせいでしょう。でも、父親が家族を残して死んでしまったことを考えて、咲人が元に戻ってしまったとき、残された遥香や母親のことを考えてあげるべきです。

この感想に共感したら1票を
+12

Showさん 

有名なストーリーなだけに展開はわかっているものの
今回描かれているアルジャーノンは当事者(さくと)以外の
人間性もよくでていてまた違った見方ができるので
これからの展開もどのように最後描かれていくのか楽しみです。

この感想に共感したら1票を
+10

ゆきさん 

今回は登場人物それぞれの個性みたいなものが
たくさん表現されていてそれぞれの気持ちや
考えなどこれまでの話の中ではわからなかったことなど
たくさん盛り込まれていてとてもよかったです。
しかもその思いなどは相手を思いやるからこそや
自分の弱さなどもありみていて少し切なくもなりました。

この感想に共感したら1票を
+10

よろさん 

手術が成功したあとの咲人(山下智久くん)の知的レベルの高さを
感じさせる言葉の交わし方など、計算されてるなと思います。
ただ、感情は圧倒されないです。

この感想に共感したら1票を
+6

ゾーンさん 

花屋の亭主さんと山下のお母さんとてっきりできてるものだと思っていました。しかしながら、移植を受けたということに話を聞いていて悲しみを覚えました。このようにして病気を治す薬が開発されているんだなと思いました。薬には副作用がつきものです。それを怖がっていたら治すことができません。最初から喧嘩のシーンだったり、アルジャーノンが死んだり、話がわからなくなりました。

この感想に共感したら1票を
+8

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.4 5.0 26 26 アルジャーノが死んだ。解剖して調査の方向となったが研究員の1名がアルジャーノを持ち出して逃げてしまった。アルジャーノ

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る