すべてがFになる 第8話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:95PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
ff

西之園萌絵(武井咲)は、筒見紀世都(中島歩)のアトリエに明日香(山川紗弥)の等身大のフィギュアがあったこと、異常としか思えない一面を目撃したことから、明日香を偏愛する紀世都が彼女を殺害したのでは、と犀川創平(綾野剛)に話す。
そこへ、儀同世津子(臼田あさ美)がやってくる。
引用:http://www.fujitv.co.jp/F/ 

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


東野さん 

2週連続の解決編でしたが、予想していた犯人とは違っていたので、
意外性にビックリさせられました。
そして、西之園萌絵を助ける為に、犀川創平(綾野剛)が犯人を説得し格闘するシーンはかっこ良かったです。
でも、犯人の方が犀川より強かったという設定は、犀川がすべて完璧ではないけれど、
大切な人の為に必死になるというところが、また女心をくすぐられるような気がします。

この感想に共感したら1票を
0

設楽さん 

今回も結構、怖いシーンがありました。
私は、怖いのが苦手ですが、
怖い怖いと思いながらも、
映像的に美しくて、目が離せません。
萌絵さんを、犀川先生が、どうやって助けるんだろうかと、思っていましたが、
まさか地球防衛軍が役に立つとは思いませんでした。
そして、萌絵さんの従兄のやすともさんが強くて、
すぐにやっつけてくれて、ビックリでした。
最後には、メールは誰が送ったのかもという謎も残り、
また、来週が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

大木さん 

今回はこれまでの作品に比べ、ストーリーにかなり無理があるかなという印象を受けました。記憶に残った疑問点は、犀川先生が萌絵を助けに行きますが、メールでは「火事の現場近くのアパート」と伝えているだけで、一体どうやって場所をみつけたのか、また犯人高林は紀世都の体にほれ込んでいて、最終的に殺害するわけですが、その点についてはあまり説明がなく、唐突な印象を受けました。犯人寺林役と紀世都役は逆の配役の方がよかったのではと感じます。

この感想に共感したら1票を
0

しずさん 

事件に関する話の展開が読めたので、つまらなかった、というのが正直な感想です。ですが、ライバルだと思った女性が実は先生の妹であったことや、先生にメールをしたのが実はニシノソノくんではなかったという展開はとても面白かったです。毎回少しずつ四季がかかわっており、今後どのような展開になるのかがとても楽しみです!

この感想に共感したら1票を
0

オーラさん 

萌絵さんアトリエから無事脱出帰れてよかったですね~ちょっと油断しすぎですよ、私はきよとが犯人だと思ってたのに寺林さんだったとは、やっぱり普通そうな人は怪しいんだな、犀川さんははじめは違和感があったけど今はとてもいいです、好きですあの感じ、萌絵さんのキャラはときどきいらっときますね。犀川さんに送られたメールは誰からのものなんでしょうか、真賀田博士が絡んでるようですが、次回が楽しみ。

この感想に共感したら1票を
0

どっとさん 

今回のすべてがFになるは、色々な事が複雑になっていて、更にでスピード感があって、とても面白かったです。山本耕司が犯人ではないかとは思ってはいましたが、芸術家のお兄さんが本来の目的だったとは意外でした。教授と親しかった女の人が、教授の実の妹だったとは、更に意外で驚きました。教授に届いたメールが誰からだったのか、わからなかったので、これからが楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

ベルさん 

斎川先生の彼女を殺したら僕が貴方を殺しますってセリフかっこよかったですね。思わずキャーって思ってしまいました。女性なら一度はそんな風に言われてみたいですね。それにしても、もえちゃんがやきもちを焼いていた相手って妹さんだったんですね。あんなにイライラしていたのに、妹って分かったとたん態度を一変したもえちゃん、可愛かったですね。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

妹が殺されたお兄さんがてっきり犯人かと火事の時、思わず思ったですけど、もえちゃんに送ってきた手紙の場所が結局は意味不明でした。あれって、最後のシーンでミニチュアで出てきたと思うんですけど、実際にある場所だったのでしょうか?疑問が残ったままでした。結局、犯人って首のない死体と一緒にいた人だったんですね。絶対にその人は違うと思っていたから意外で、面白かったでした。

この感想に共感したら1票を
0

ZIPさん 

萌絵ちゃんはいつも危ない目に会っているので、あまり無茶しないで!と毎回ハラハラします。でも犀川先生が萌絵ちゃんのことを大切に想ってる描写があると嬉しくなりますね。儀同さんにずっと嫉妬してたのに妹だとわかった途端機嫌のよくなる現金っぷりはとても可愛いです。2人の仲は進展するのかこのままなのか…いずれにせよ命を懸けるほど萌絵ちゃんが大事なので犀川先生が別の恋人を作ることは無さそうで安心ですね。

この感想に共感したら1票を
0

サップさん 

12月2日からの続きとなった第8話、私は最初河島教授が犯人ではないかと思っていました。上倉さんを殺す動機があり、萌絵の仮説は正しいなと思ったからです。でも、後半になると今度は紀世都さんが怪しくなってきて、結局訳がわからないまま終わってしましました。そして今回の話で、紀世都さんが殺されやはり最初に思っていた河島教授かと思いきや最初から容疑者になっていた寺林さんが犯人でしかも明日香さんの頭部を切断した理由は紀世都さんのメス型を取る練習をするためだったなんて。

この感想に共感したら1票を
0

クリオネさん 

萌絵ちゃんあぶない目にあいすぎ!事件に首をつっこむのはいいけど自分のことを大切にして!最後におじさまが言ってたけど大切にしてくれる人のことも考えないと!と、思ってたらさらに最後におじさまが飛行機事故以来、萌絵ちゃんが人の死、自分の死に対して頓着なくなってると。あ〜それで自分の興味の対象である事件にばかり集中してしまうんだなぁ…次回はどんなあぶない目にあうんだろう(笑)

この感想に共感したら1票を
0

良子さん 

筒見紀世都も異常であったが、寺林高司も異常過ぎた。あまりにも猟奇的すぎて、チャンネルを変えたくなった。しかし、そんな二人に無防備に接近する萌絵の謎について、萌絵の叔父が両親の死がきっかけだという指摘は、その通りだと思った。喜多が大御坊に「私たちと言うな。誤解を生む」という発言や、大御坊と国枝のやり取りは、この異常さを和らげる効果があって良かった。萌絵の嫉妬の原因であった世津子の正体も分かって良かった。

この感想に共感したら1票を
0

パフェさん 

原作のファンで見始めました。世間話のように繰り広げられる理系な話はかなりなくなっていてがっかりしていましたが、萌絵と犀川先生の恋愛で、萌絵がもやもやヤキモキするところはドラマのほうがかわいいですね。初めのころは、「えー、萌絵ってこんなんじゃないよ!」と思いながら見ていましたが、今ではすっかり武井咲さんの萌絵ちゃんもいいなあと思うようになってしまいました。あと1エピソードで終わりですが、最後まで楽しみにしています。

この感想に共感したら1票を
0

撮り鉄女子さん 

犀川先生かっこよかったですね!萌絵ちゃんを守るために身代わりになろうとして殺されても構わないと言ったあのシーン!最高にかっこよかったです。地球防衛軍だなんて言ってたけどあれはもう「萌絵ちゃん親衛隊」(笑)
萌絵ちゃんがその場面を知らないからってウソついちゃうところもポイント高いです。今回の事件の見どころは推理ではなく、犀川先生の一挙手一投足でしたね!

この感想に共感したら1票を
0

佃戸さん 

今回は、謎が多い密室殺人の解決編でした。山本耕史さんが、演じる寺島のクールさがとてもカッコよく見とれながら、ドラマを楽しみました。犀川先生の毎回のカッコ良さもありましたが、今回は、犯人に襲われた萌絵を助けるために、犯人と命をかけて戦ったりして、素敵なシーンが多かったです。ドラマも最終回に向けて、大きく動き出した感じがします。次回は、どうなってしまうのか、気になります。二人の関係の進展を期待して、見守りたいと思います。

この感想に共感したら1票を
0

全てがFさん 

犯人が意外でした。まさか寺林さんだったとは!もう途中になってくるとその人しか残っていないので、そうなんだろうなとは思っていましたが意外でびっくりしてしまいました。兄がてっきり犯人だと思い込んでいました。
今回はうまくしてやられてしまいました。犀川先生が今回は格好良かったです!まさか地球防衛軍のグッズが役に立つとは!あれで感電しないかちょっと心配ですが、なんとかなってよかったです。

この感想に共感したら1票を
0

マイナスさん 

『空想するのは異常ではないが実行すれば異常。僕は実行しないので正常。』みたいなことを断言して主役の一人萌絵の信頼を得た人物が、やっぱり実行している異常者だった、というのは、面白くない裏切り方だと思います。トリックも特になく、嘘吐きだったという以外には意外性のある犯人ではないし。
犀川教授も萌絵に特別な思いがあるというのは、チラチラ見えていましたが、今回は代わりに死んでも良いとまで言わせる思い切った展開。なんでそこまで明かしてしまったんだろう。

この感想に共感したら1票を
0

パークさん 

今回の話は、まるでオタク文化みたいな物を見ているような気がしました。
確かに模型とフィギアは違うかもしれないですね。
フィギアは玩具のように思われる人もいるかもしれない。
でもテレビを見てちょっと考え方が変わったかも。
芸術家なのかな?ただ怖かったのは一線を超えると狂気を感じるという事。
一般の人には、理解しづらいかもしれないですね。

この感想に共感したら1票を
0

ミッツさん 

すべてがFになるは毎週見ています。武井咲さんが殺されそうになるところを綾野豪が助けたところがとても感動しました。モエちゃんを殺すなら自分を殺してくれと言ったところはサイコーでした。先生と恋人関係かと疑われていた女性が元カノとかそういう関係の人だと思っていたので、本当は先生の実の妹さんだったことは意外でした。面白い一話でした。

この感想に共感したら1票を
0

キーんさん 

前回の終わり方が狂気的であの人が犯人で武井咲が襲われ、それを綾野剛が助に行く感じなのかと思いましたが、意外とそうではなく別の人が犯人だったことに驚きました。でも犯人はちがったけれどやっぱり不気味なくらいに狂気的な殺人の動機と方法だと思いました。不気味な事件だったけど、最後はちょっとほっこりできました。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 4.2 5.0 20 20 2週連続の解決編でしたが、予想していた犯人とは違っていたので、意外性にビックリさせられました。そして、西之園萌絵を助

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る