すべてがFになる 第6話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:64PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
ff

西之園萌絵(武井咲)と犀川創平(綾野剛)は、真賀田四季(早見あかり)を殺害した犯人が、コンピュータシステムで厳重に監視されている研究所の中にどうやって侵入し、どこへ消えたのか、手がかりをつかめずにいた。

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


さん 

Fが16進数の数字を表すのではないかということまでは予測がついていたが、真賀田四季博士に娘がいたとは予想外だった。時刻を1分ずらしていたことによる、犯行の検証・解明部分の説明がいまいち足りないように感じた。とはいえ、どういったトリックになっているのか前回のおわりから非常にいろいろと想像することができ、大変楽しむことができた。博士がすんなり捕まることなく、姿をくらましたので、再び対決の時が来るのか非常に楽しみ。

この感想に共感したら1票を
0

紅白さん 

一応初回から見続けていますが、今回に限らず、荒唐無稽な感じが見ていてしんどいです・・・。
西之園さんの滑稽な推理や、犀川先生のひらめく瞬間や、時計のしかけや、マガタシキシリーズになってから特に、いろいろ無理があると思ってしまいます。
まぁ、そういうドラマなんでしょうけれど・・。
あと、犀川先生のメガネ姿がものすごくイケてませんでした。

この感想に共感したら1票を
0

怜奈さん 

前回、真賀田四季博士が殺されて、多くの謎が残されたまま、今週その後編だったので、とても楽しみにしていました。真賀田博士が、過去に起こした事件の背景に、悲しい理由があったのには、胸が痛みました。過去の事件と、密室トリックとが、絡み合っていて、秀逸なストーリーでした。密室トリックが解き明かされた時には、驚いてしまいましたが、このドラマの面白さを改めて、実感しました。今後、主役の二人の距離が、縮んで欲しいと思いながら、来週のドラマを楽しみにしたいと思います。

この感想に共感したら1票を
0

ファーリーさん 

タイトルになっている「すべてがFになる」の回答編。画面だけで説明するのは難しいかと思っていたが、わりあいわかりやすくなっていた。真賀田四季と娘が同一人物が演じるのはいいとして、メイクで少し年齢の変化をつけたほうが良かった気がする。研究所のセットがすこしちゃちに見えたのが残念。
主役の二人はとてもいいです。綾野剛は、犀川にしてはかっこよすぎではありますが。

この感想に共感したら1票を
0

こうちゃんさん 

前週に続き新たに犠牲者が出るも犯人と思われる人物がまったくわからず、半分の時間を過ぎようとした。研究所内に犯人がいると誰もが言っており、まさか自殺でもないし、研究所内の誰かがなんとかして博士の部屋へ忍びこみ博士を殺したのだと思っていたから、後半になるにつれ頭が混乱した。まさか子供を身ごもり子供が博士を殺したとは思いもしなかった。と思いきや、話はどんでんがえしでまた頭が混乱した。最後に全ての混乱をまとめてくれた終わり方だったので、爽快な気分で非常に良かった。

この感想に共感したら1票を
0

パーナーさん 

四季博士が黄色のドアから出てきた場面、怖かったです。花嫁衣裳きてるのに顔が・・・最初、人形かと思っていまいました。ちょっとした疑問だけど、あの男子生徒はもえちゃんの事好きなんでしょうか?いつも蹴られてばかりだし、きっともえちゃんに相手にされないだろし、なんだか可哀想な気がして最近、密かに応援中です。キャラ的にも必要性がないけど、アクセントとしていいキャラだなぁなんて思ってしまいます。

この感想に共感したら1票を
0

川名さん 

バーチャル会議室での会話は、実際に皆の前で話をしていたけど、話した内容は他の人には聞こえない設定になっていたのでしょうか?3人で話した後、他の人が現状を理解していなかったし。でも、会議室から外へ出た場面。ずっとお外で遊びたかったって、あれって本当に本音ですよね。15年も孤島の建物の地下に閉じ込められていて、外の世界を知っている四季博士だから言った発言ですよね。あの言葉って実は布石だったんですよね。さっき気がつきました。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

なんとも悲しい結末でした。天才の考えることは凡人には理解できないという思いしかわいてきませんでした。四季と犀川の会話はとても見ごたえがあり、萌絵の「すべてがFになる」の意味の解説もわかりましたが、子どもが親を殺すことが「もっとも美しいプログラム」という四季の考えがよくわかりませんでした。原作を読めばもっと深いところまでわかるのかなぁ。

この感想に共感したら1票を
0

教室さん 

真賀田博士に娘がいたなんて、びっくりです。もっとロボットに秘密があるのかと思っていましたが、単なる子守りロボットだったのですね。
14年前から殺人を予想しているなんて、天才は恐ろしいです。
研究所内のコンクリート打ちっぱなし風の壁がちゃちくて、ちょっと残念でした。デジタル放送って、美術さんにも酷だな~と思いました。

この感想に共感したら1票を
0

チャンさん 

一人しかいなかったはずの遮断された室内で殺人が起きた事件の謎解き編。何故もう一人の人間が中にいられたのかという理由は、アナログで良かったです。
犯人が脱出時の映像が防犯カメラに映っていなかったトリックも分かり易い。どちらも後で考えると、パズルとして解けそうなトリック(良い意味で)。
謎解き役の教授よりもが犯人の方の知能が勝り、教授が最後まで騙されてしまうというのは珍しい設定。
助教の国枝桃子が暴力的なのは要らない要素のように思います。

この感想に共感したら1票を
0

デスクさん 

全体的なテイストがいつも少し怖く、ドキドキしながら見ていました。真賀田四季に最後の最後まで騙されてしまい、怖くもすっきりとした終わり方でした。主人公をはじめ、登場人物のキャラクターが誰も濃すぎて、少しみるのに疲れてしまう時がありますが、それよりもトリックや動機が気になり結局最後まで見れてしまいます。それもキャラクターの魅力なのかもしれません。

この感想に共感したら1票を
0

ヒートテックさん 

私にとって、「見る予定ではなかったが、気づいたら最後までみてしまっていた」というドラマです。一般の学生である主人公がコネを駆使して捜査をしていくという設定が現実的ではなく、あまり好きになれなかったのですが、内容や謎解きのシーンが好きで見てしまいます。今回も仮想空間などには少々ついていけない部分があったのですが、結末はおもしろかったです。

この感想に共感したら1票を
0

OSPさん 

犀川先生、今回も美しさを感じるほどの謎解きでした。
真賀田四季博士の巧妙なトリックを見破る犀川先生お見事でした。
時間のデータを1分ずらすことで孤島の監獄から脱出をはかり、我が子も犠牲にするとは、あまりにも残酷。真相はどうだったのか気になりますが。
10日後に犀川先生の元を訪れた博士。犀川先生をあざ笑うかのような見事な立ち振る舞いに、犀川先生と同じように笑ってしましました。
所々、難しくて混乱することはありましたが、今回も非常に面白かったです。

この感想に共感したら1票を
0

DOOさん 

博士の手がない死体が出てきたトリックや、昔の出来事など、大変興深いものでした。また、途中途中で、推理が変わっていって、こちらも惑わされたりして、目が離せないものがありました。Fの意味、私も、フリーだと、思っていましたが、最後の計算は、必要なのでしょうか?ほかの部分は、なんとなく納得がいったのですが、最後に、あの数式が出てきて、全く意味が理解できず、スッキリしませんでした。あの数式なして、フリーという意味でもよかったように思います。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

まさか、黄色の部屋から出てきたのがまがた博士の子供だとは思いもつきませんでした。しかも、四季博士が両親を殺した動機が結局は、妊娠した事を怒られたからですよね。驚き以外の何ものでもないです。別に隔離されて育った訳ではなく、学校とか普通に行っていたら子供が妊娠したらいけないって分かりそうですけど、そんなルールがあるのを教えてくれなかったからって、なんか身勝手な理由な気がして、頭脳が特別すぎるとそういった理由で両親が死んでも何も思わないでしょうか?

この感想に共感したら1票を
+1

シュウマイさん 

前回のエンディングが,博士の部屋からウエディングドレス姿の死美女が立ったまま目の前に移動してくるというショッキングなものでしたので,ちょっと怖くなってもう見ない,と思っていましたがやっぱり見てしまいました。これまでの推理小説では主役に対する天才的犯罪者はだいたい男でしたが,美女で天才的科学者でとなると単なる密室トリックという枠を超えてどこまでドラマの世界が膨らんでいくか楽しみになりました。

この感想に共感したら1票を
0

大谷さん 

すべてがFになるのFが今回は時間の事だったんですね。すべてって事はいくつかの数字もしくはアルファベットがFになるって事ですもんね。ドラマでFの説明してましたけど、あれって16進法がわかってないと正直、意味の分からない説明ですよね。もっと分かりやすい設定にして欲しかったと思いました。でも、1分というのが今回は謎をとくキーワードだったからパソコンでの処理方法で使われているから仕方がなかったかもしれませんけど。

この感想に共感したら1票を
0

ラブラブさん 

四季博士との間に子供を作っていたって事は、所長は奥さんをだましていたって事ですよね。ちょっと、奥さんが可愛そうな気がしました。自分の過ちを悔いていていつか子供に殺される日を待ちながら奥さんんと結婚したかしていたって事ですよね。しかも、四季博士を後ろからささえて四季博士の両親を殺すって、酷い人間にしか思えないです。そんな人が所長をしていたのって、どうかと思いました。実際にいたら軽蔑しますよね。

この感想に共感したら1票を
0

年賀さん 

今回はどんでん返しの繰り返しで面白かったでした。四季博士に子供がいて実は子供が四季博士を殺して出てきたかと思わせていて、結局は子供ではなく四季博士が殺人者だったんですよね。警察につかまったシーンを見せておいて、実際はあれは四季博士の演技で実際は捕まってはいない。どんでん返しの繰り返しで、とてもよかったでした。ちょっと難しくて、見直しをしてドラマの意味を理解しましたけど・・・・

この感想に共感したら1票を
0

パルコさん 

綾野剛は、メガネをかけると本当に熟考しているように見える。事件に関係するキーワードをどんどん見つけ、武井咲のユニークな仮説を検証しながら、自分の頭の中を整理する。とはいえ綾野が推理を整理して分かったと言った途端に、武井も分かったと言うが、どこまで分かったと思っているのかは謎だ。真加田四季博士に娘が産まれていて、武井が最後に仮説として提示した「すべてがFになる」の意味にまつわる今回の事件は、難解すぎた。両親殺しの話は、ギリシャ神話にありそうな気がする。

この感想に共感したら1票を
0

スイスイさん 

ちょっとそんな感じがしてなんとなくわかっていました。両親殺害の真犯人は所長ではないかと疑っていました。でもまさか禁断の関係だったとは!そこまではわかりませんでした。あと地下で出産育児までしていたなんて!
三日外に出ないと発狂すると聞いたことがあるので、ちょっと地下で暮らしている設定には違和感を覚えました。窓もないんですよね?精神が参らないのか気になります。被害者が真犯人だったの、今回は驚きの連続でストーリー自体は楽しめる内容でした。

この感想に共感したら1票を
0

武井さん 

「すべてがFになる」ドラマタイトルのキーワードが出る2話完結の後編でしたが、意味がイマイチだったような印象が・・・逃走した犯人と先生が接触➝すべてがFになるの2つの意味解説➝今日は先生に尾行はいない、の流れの方が、ミステリー特有のどんでん返しがあって良かったような。頭の良い2人でついていけない視聴者と同じ目線で刑事2人がつっこんでいく所がもっとほしいです。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

原作未読派なので、どんなトリックなのかドキドキしながら見ました。
前回のお話のトリックがあまり奇抜でなかったので、どうせ博士による自演でしょ、と思っていましたが、まがたしき(字がわかりません;)博士との草原での会話に驚かされ、さらにその後の展開に一層驚かされました。
自分の子供に手をかけることに至ってしまった彼女の論理はまさに美しく、そして悲しいものでした。次のお話が楽しみです。

この感想に共感したら1票を
0

めり子さん 

トリックは予想外で話を楽しむことができた。しかし、研究所のシーンの画面の印象がのっぺりとしてしまっていたのが残念。ハイテクな施設ということで無駄なものを省き、無機物的に表現していたのだろうが、何か物足りない印象を受けた。原作未読のため原作内でどのような描写になっているのかわからないが、もっとハイテクさを見せてほしかった。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.6 5.0 24 24 Fが16進数の数字を表すのではないかということまでは予測がついていたが、真賀田四季博士に娘がいたとは予想外だった。時刻を1分

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る