すべてがFになる 最終回ドラマの感想

■このページの総閲覧数:147PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
ff

武井咲演じる西之園萌絵(にしのその・もえ)は、莫大な資産家の家に育った世間知らずながら、抜群の瞬発力と発想力を持ち、驚異的な計算能力を有する理系女子。綾野剛演じる犀川創平(さいかわ・そうへい)は、少し変わり者のクールな2枚目で、ズボラな性格だが、警察からも頼られるほどの天才的な分析力と考察力の持ち主。
引用:http://www.fujitv.co.jp/F/ 

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


ラウンジさん 

最終回となったこの日の放送ですが私のカンが鈍いのか、頭が悪いのか、イマイチ有限と微小のパンの意味がわからず…だったので、少々不完全燃焼的な気分でした。
とても寒そうな場所で、絶望的な雰囲気が漂っているように感じ、どんな終わりを迎えるのかと思っていたのですが、翠川先生と萌絵ちゃんのやりとりにはちょっとほっとしました。
しかし、最初から最後まで真賀田四季博士が絡んでいる点は興味深かったし、真賀田四季博士をもっと知りたいという気持ちになりました。

この感想に共感したら1票を
+1

みんなさん 

ただの手の込んだ悪戯が本当の殺害に繋がってしまうなんて思ってもいませんでした。一つ目の自分勝手の殺害を隠すためにまた次の殺人を犯すという、嘘を隠すためにまた嘘をつくという人間の行動をよく掴んでいるストーリーでした。また、事件の真相を話しているときの女優さんの表情が全く崩れずに淡々と話続けるのが少し怖かったです。

この感想に共感したら1票を
0

テニスさん 

とうとう最終回になってしまいましたね。我が家の子供は事件の謎解きを楽しみにし、ママは綾野剛さんのかっこよさを満喫する為に毎週欠かさずに見ていました。最終回の事件はどんな感じで終わるかと思ってましたが、
ハッピーエンドで終わりましたね。欲を言えば、真賀田四季が犀川の事が本当は好きだった的な展開を期待していたのですが、そうならなかったので、ちょっと期待はずれでした。

この感想に共感したら1票を
0

スーティーさん 

元々原作が好きで見始めたのですが、やはり映像にするとイメージと違う点があって違和感を抱く場面も多かったです。特に犀川先生が謎を解くときのシーンにはどうしても慣れず、なんというか見てて恥ずかしくなる演出でした。萌絵ちゃんの天真爛漫なイメージと、真賀田博士のあのミステリアスな雰囲気は本当にピッタリで、最後まで安心して見られました。真賀田博士役の役者さんは難しい役柄をうまくこなしていたなあと思います。

この感想に共感したら1票を
0

もおとんさん 

塙が西之園に興味を持っていたのは分かっていました。
でも、あんなに大掛かりなお芝居をするとはビックリします。
警察まで偽物とは、だれも思わないでしょう。
西之園は、過去のトラウマを乗り越えられず心の何処かで死にたいと思っている。
そんな気持ちを知って、真賀田博士は西之園に近づく。
何が目的なのかと思っていたが、犀川を連れていくためだったとは!
でも、最終的には犀川を西之園の元に帰してくれる。
もしかすると、本当は優しい人なのかもしれないですね。

この感想に共感したら1票を
0

一途さん 

出演者はみんな美しい人たちです。特に武井咲さんの笑顔だけでも見る価値があると思います。
しかし、天才プログラマーとか工学部の教授という設定の割に事件のトリックはかなりアナログな気がします。もっと数学的なトリックとかできないのかな。甲冑の騎士とか教会とか完全密室とかホログラムネタを振っておいて、落ちは単純でした。必要のないネタを振りすぎていてまとまらない感じがしました。

この感想に共感したら1票を
0

ランドさん 

やはり最終回はあまり面白くない、しょうがないですね。ドラマはそういうものですから。真賀田四季が特殊な存在だったのに、いなくなり方が普通のドラマっぽくて残念でした(最後の部屋のシーン)なんだか全体にぼんやりしていて、よく意味が解らなかったです。婚約者の萌絵にしようとしていたサプライズもとても変に感じました。まあ犀川と萌絵がいい感じで終わったので良かったのでしょう。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

密室で、次々と謎の死を遂げる人達と、時々登場する謎の存在である真賀田博士。そして、萌絵が抱えている心の闇が、少しづつ明かされていき、ドキドキしながら見ました。ラストにふさわしいストーリー展開でした。謎が解き明かされ、真賀田博士と、犀川との以外な繋がりに、驚きました。そして、ラストまだまだ、謎が残るような余韻を残して、終わっていて、続編があればと期待しています。とても面白いドラマでした。

この感想に共感したら1票を
0

みやさん 

松本が死んでなくて犯人という可能性は考えましたが、新庄の方だったとは。警察が偽者もなんとなく思い浮かんでましたが、詰めて考えなかった。同じ部屋が2つあるのはかなり考えましたが、地下にあったとは考え付かず。・・と、なんか自分として惜しい感じでしたが、詰めて考えれば解ける可能性のある正攻法のトリックを組み合わせて作った推理ものということなのでしょう。武井咲の連ドラがまた視聴率を取れずでしたが、めげずに頑張って。

この感想に共感したら1票を
0

ハリーさん 

四季博士の虚構と現実の狭間の実験の結論で、「萌絵の精神のバランスをとっているのは創平だ」というのは、素敵だった。四季博士を利用しようとした理生哉が徐々に追い込まれようとしているのが演技で伝わって来た。海外出張から駆け付ける叔父は、本当に心配している演技だった。四季博士と創平のバーチャルリアティーでの哲学的な議論は興味深く、今回の回の名前となっている「有限と微小のパン」につながる内容となっていた。創平が孤独に耐えられないと現実の世界に戻り、ハッピーエンドに。

この感想に共感したら1票を
0

とぼとぼさん 

ヒロインの西之園萌絵と犀川創平とがハッピーエンドになるのは、予定調和的ながらも安心できる展開でした。毎度の密室トリックも意外性があってよかったです。しかし敵キャラクターの真賀田四季の登場がシリーズの後半からで、テレビドラマとしての枠組みは弱かったように思われます。原作ではどうなっているか分かりませんが、テレビドラマとしては初回からの謎のようにチラチラと小出しにする脚本にして貰いたかったです。

この感想に共感したら1票を
0

夕日さん 

事件のトリックもおもしろいけどやっぱり気になるのは萌絵ちゃんと犀川先生のこと。
萌絵ちゃんが死にたがっているというのは幼い萌絵が抱える感情で現在の萌絵は幼い萌絵の代わりとでもいう存在だったようですね。だから死に対する感情が普通の人と違う、と。そしてそれを補うのために犀川先生と一緒にいる。
そこを真賀田博士に指摘されて涙を流した萌絵ちゃんは幼い萌絵から解放されたのでしょうね。よかったね、萌絵ちゃん。

この感想に共感したら1票を
0

くっちさん 

謎が謎すぎていつもモヤモヤさせられてましたけど、最後までモヤモヤ感が半端なかったです。真賀田四季博士がどこで犯罪を見ていたのかわからずじまいだったし、あれがホログラムだったとは…。教会の仕掛けもエレベーターも犀川先生と西之園さんが解いてくれなかったら全くわかりませんでした。なぜか城田優と鈴木一真がでてるとあの2人が悪役にしか見えないオーラが…(笑)真賀田四季博士の謎に辿り着けず、変装して近くにいたならもっとしっかり見ておけばよかったです。

この感想に共感したら1票を
0

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.6 5.0 13 13 最終回となったこの日の放送ですが私のカンが鈍いのか、頭が悪いのか、イマイチ有限と微小のパンの意味がわからず…だったので、

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る