○○妻 6話ドラマの感想

■このページの総閲覧数:31PV
■ 当サイトへのご訪問心より感謝申し上げます。 
■ 諸般般の事情により一時的に更新を停止させていただきます。誠に申し訳ございません。
 
Powerd by:まるちょんBBS
tuma

18歳で出産し、その子供を育児放棄で死なせてしまった過去を正純(東山紀之)に打ち明けたひかり(柴咲コウ)。衝撃の告白から一夜明けて、ひかりは正純から「正式に結婚しよう」と婚姻届を渡される。正純があっさりと受け入れてくれたことで、ひかりがずっと抱えていた悩みは解決された。やっと幸せを手に入れたはずなのに、戸惑いを覚えるひかり。彼女は婚姻届に署名し、役所に提出しようとするが…。
引用:http://www.ntv.co.jp/tsuma/story/

口コミを投稿する


口コミ投稿フォーム





※誹謗中傷・その他不適切と判断する口コミは削除させていただくことがございます。


真希さん 

旦那を想って妻は身を引いたかもしれませんが、旦那の心には大きな穴が開いたのではないでしょうか。二人が自然な形で結ばれる日が来るといいですね。

この感想に共感したら1票を
0

秀一さん 

城田さんと言い争いになり同僚達にも秘密がバレてしまうところが今回の一番の見所でした。既に最終回の内容が想像できてしまうドラマです。

この感想に共感したら1票を
+2

柴紫さん 

もう少し、明るい展開で進んでいっても言いようにおもえます。来週は◯◯妻が、もしかしたら、死んでしまう!みたいになっていて観てるこっちが、苦しくなりました。少しはいい方向に向かって欲しいです。

この感想に共感したら1票を
0

戸田さん 

柴崎さんの献身的な妻はいいのですが、毎回わざとらしい。ラストで家を出て、電話で結婚はできないと告げる辺りも、イマイチリアリティに欠ける。

この感想に共感したら1票を
+1

さん 

子供をネグレクトで死なせてしまったとしても別にそこまで思い詰めなくてもいいから早く結婚しろよと感じてしまう場面が多々ある。いずれにしても、これから無事に結婚する事ができるのか、どうやって過去を乗り越えるのかが楽しみだ。

この感想に共感したら1票を
+1

下絵さん 

ミタの製作陣が作っているので、悪い言い方だけど二番煎じかなとも思っていたが、より人間模様を丁寧に描いているように感じ、なかなかよいドラマだと思う。

この感想に共感したら1票を
0

ザワザワさん 

本当のことがわかったけれど結婚してくれるというまさずみさん。これで、うまくいくと思ったのにひかりさんの方が耐えられなくなって、自分でテレビ局にばらしてしまった。高校生の時のことだから、そういうこともあると思う。虐待、ネグレクトは、良くないけれど、それは、環境がそうさせたこともあったと思うので、いちがいに責められないと思う。このまま別れてしまうのか心配になった。

この感想に共感したら1票を
+1

イチニサンさん 

普段から怒らなかった正純さんの母さんや板垣さんが今回キレるところは今までのストレスや我慢が溜まっていたんだろうなと思わせてくれる演出だったと思います。メールで正純さんの妻が犯罪者だとバラしたのはひかりさんかもしれません。ひかりさんが電話の後に池に飛び込みそうでハラハラしました。

この感想に共感したら1票を
0

ヨっシーさん 

契約から本妻へ!と思いきやまだ引っ張ります。柴崎さんの過去が明るみになっても、正式な結婚に拘る東さんの心理描写が面白いです。が、個人的に柴崎さんには、あの役は合わないと思います。

この感想に共感したら1票を
+1

リボンさん 

完璧だと思っていた妻に人殺しの過去があるなんて相当ショックなことなのに、結婚を決めた「まさずみ」。やるなと思いました。それなのに、「ひかり」は自分で過去ばらしちゃうし、相手を思いやりすぎるとああなっちゃうのかなってちょっと気の毒な気がしますね。でも今私は子どもを育てているので、子どもを死なせてしまった母親の気持ちは理解できませんでした。最後はハッピーエンドで終わりそうな予感がします。

この感想に共感したら1票を
+1

富美さん 

いってきます。いってらっしゃい。おかえりなさい。いただきます。そんな日々普通に使ってる言葉がどれほど大切で相手を思う言葉かという事がわかりました。早く彼女の居場所を見つけて結婚して欲しいです。婚姻届けを最後に破り唄を歌ってるシーンが寂しすぎました。

この感想に共感したら1票を
+1

物干し女さん 

前回の妻の衝撃的な告白から旦那さんの気持ちが揺らいでる感じがしていたので、妻の方も敏感に感じ取っていたのでしょう。仕事の中で輝ける人は仕事を続けていくべきだと思いますが、旦那にとっては仕事よりも妻が大事だったかもしれません。会社の人たちは、自分たちの仕事の関係もあると思いますので仕事を続けてほしいでしょうが、このような形になるのは正直悲しかったです。

この感想に共感したら1票を
0

別居さん 

正純の気持ちを考えると勝手に出て行かれたショックは大きいよね。
本当に好きな人と自分から離れる決意をしたひかりの気持ちを考えると強い。

この感想に共感したら1票を
+1

白色さん 

最後の別れのシーンでの柴咲コウの無表情に近いのに雰囲気が寂しそうなのが伝わってきました。その上、何を聞いているのか聞かれても教えなかったものが正純の声を聴いていたなんて切なくなりました・・・。

この感想に共感したら1票を
0

離婚妻さん 

とうとうひかりの過去の犯罪歴が明るみになり、正純の仕事や正純との生活にも破綻の兆しが見えてきてしまい、見ていて本当に悲しくなった。ひかりは心のどこかで覚悟をしていただろうけれど。またひかりだけではなく、正純の家族それぞれにいろいろなほころびが出始め、なんだか今後の展開を見ていくのが苦しくなってきた。気になるけれど見るのがしんどいドラマだと思う。

この感想に共感したら1票を
+1

磯原さん 

「籍を入れよう」と言った時のひかりの表情が印象的だったのでこのまま幸せになってほしかったけど、やっぱり自分から身を引ちゃうんですね。最後ボート乗り場で婚姻届を破り涙する所は、切なすぎて私も涙しました。今回も続きがすごく気になる終わり方で、来週が楽しみです。ひかりには幸せになってほしいです。

この感想に共感したら1票を
0

マストさん 

前回やっとひかりの過去が分かり、正純がどんな態度を示すか気になってましたが、やっぱり少し煮え切れない態度でしたね。もう少し男らしく、かっこいい姿が見たかったです。

この感想に共感したら1票を
0

とおこさん 

ドラマもラストに近づき、ストーリーも気になりますが、このドラマが終わってしまうのが残念です。次のドラマの予告編をやっていましたが、いかにもつまらなそうです。TBSの水戸黄門のように、おもしろい番組は長く続けていただきたいものです。

この感想に共感したら1票を
0

紘子さん 

最後のひかりの涙に切なくなりました。犯罪を犯した事実は消せないけれど、それで幸せにはなれないなんて事はないと思うのです。

この感想に共感したら1票を
+1

ママさん 

正純は結婚を決意していてもしっかりとした覚悟までは出来ていないから、ひかりを避けたり自分らしいニュースが読めないのだと思います。

この感想に共感したら1票を
0

りょうさん 

今回は正純のお母さんや板垣さんのストレスが爆発して本音を吐き出したのが目を引きました。はっきりと娘達に物を言うお母さん、本来の姿がそれなのかな。

この感想に共感したら1票を
0

ホルンさん 

風谷の悪女ぶりや板垣のうらぎりキャラも冴えてきました。千春も母親らしくなってきて、正純の母、兄弟たちも、それぞれの持ち味が出てきました。役者が持ち味を出すとおもしろいです。

この感想に共感したら1票を
0

宇宙さん 

自分の過去を負い目に思いながらも人を愛しその人のために尽くしたシーンが今日もたくさん出てて感動しました。

この感想に共感したら1票を
+1

冴子さん 

前回は、ちょっとがっかりした部分があったんです。マサズミの母親が父親を愛せなかった理由って、それだけ?って感じだったし。長いセリフで説明っぽかったし。そして、ヒカリの「契約妻」の理由も、セリフが長い…セリフばっかりで、これは、台本を直前に差し替えたんじゃないかな、と。これで今回どうするんだろうと思いました。まず、マサズミが「婚姻届」を選択してほっとしました。マサズミ母の変化も興味深かったです!今まで言いたいこと全然言ってなかったんだもんね。ヒカリは自分で何もかもバラしてしまったけど…どうなるんだろうなぁ…。

この感想に共感したら1票を
+1

ししまるさん 

いつも番組スタッフ達に偉そうにするシーンはイラッとしてしまいます。また正純の母のおかしな行動は、夫をなくした喪失感からきたものなのか、まだなんらかの秘密があるのか気になりました。

この感想に共感したら1票を
0

愛理さん 

前回、ひかりの秘密を知って何も言えなかった正純が、冒頭から正式に結婚を申し込み、カッコイイと思いましたが、やはりそう簡単に心の整理がつくものではないようで正純の心の葛藤が切なかったです。

この感想に共感したら1票を
+1

愉快さん 

正純が少し無理している感じや保身というか自分の仕事や地位も捨てがたい、でもーというところの人間味が出ていて東山さん好演です。義父亡き後、義母も万引き犯罪者となってしまったり素の自分を出してきたりしました。母の愛せない自分の過去も引き続き気になります。

この感想に共感したら1票を
0

美雪さん 

今日のお話は、ようやく契約妻らは本当に「妻」に慣れると思ったら過去の事件が表に出てきてしまい本当に主人が回をますごとに、「不幸」になって行くだけに思えてならないドラマだと思います。

この感想に共感したら1票を
+3

キッチンさん 

いやに風谷さんが正純さんとひかりさんに接触しすぎて「嫌なやつだなぁ」と思ってました。ひかりさんが犯した過去の罪を正純さんのパソコンから盗み見したり、わざわざ正純さんやひかりさんに問い詰めたり、やり方がちょっと意地悪でしたね。

この感想に共感したら1票を
0

さん 

今日の放送ではひかりの過去がバレ、正純がどう接するか?結婚を正式にするのか?気になって見ました。最初は正純がひかりの過去も受け入れて結婚をすることになりましたが、やはり一筋縄では行かなかった。正純の番組アシスタントキャスターが何かやらかすだろう?と思っていたので、「ひかりの過去をバラす」と言ったのも想定の範囲内でしたが、正純のミスだったので相変わらずどこか正純は抜けている夫ではあるな、と。ひかりの過去がバレて本人から身を引きそうだとも思っていたので、これからの展開でどうやって視聴者の期待を良い風に裏切るか見物です。

この感想に共感したら1票を
+3

なっちさん 

ひかりちゃん家を出てしまいましたね。すべてをバラして。これから二人がどう進んでいくのかとっても気になります。とにかく最近切なすぎます。職業がキャスターだけに難しい問題ですよね。

この感想に共感したら1票を
0

リンクさん 

切なすぎます。まよいながらも婚姻届を書いたのは男としてかっこいいと思いました。まぁ、すごく重いことなので仕方ないかもしれませんが後引きずったことはちょっと…でしたけど。

この感想に共感したら1票を
0

ビストロさん 

お姉ちゃん二人の末子として育ったお子ちゃま感が抜けない正純が、正式に結婚しよう、婚姻届を出そうと言い出したときには男っぷり上がったなあと思いましたが…。

この感想に共感したら1票を
+1

キタエさん 

過去を知った正純が意外な行動に出たのは驚いた。まさかの婚姻届に記入をしているとは思わなかった。しかし、一緒にいることで迷惑がかかると言うことでひかりが居なくなる。世間体を取るかひかりを取るかの瀬戸際は考えさせられるものがあった。自らの罪を償うために、自分ならどちらを選ぶか?仕事か家庭か?今までの支えを失う時ほど辛いものはない。

この感想に共感したら1票を
+1

ミートくんさん 

衝撃の過去!ってかんじでした。

この感想に共感したら1票を
0

土産さん 

いよいよ面白くなってきました。ひかりの子供置き去りの過去がばれ、ドラマが急展開。見入ってしまった。

この感想に共感したら1票を
0

エイドさん 

正純が育児放棄した母親のニュースを流したくないのは分かりますが、そんなことを言っていては全てのニュースには関係者がいてニュースを聞いて悲しむ人もいるので流せるニュースがなくなってしまいます。普通の社会人ならキャスターを降りるにしても、スタッフのことを考えて後釜を決めてから問題がないようにしてやめるべきです。曖昧なままではひかりさんもキャスターの職も両方失ってしまします。どちらかを選ぶとしたら、ひかりさんを選んでほしいです。

この感想に共感したら1票を
+2

新ドラマ新番組≪口コミ感想ランキング≫ , USA 3.1 4.0 37 37 旦那を想って妻は身を引いたかもしれませんが、旦那の心には大きな穴が開いたのではないでしょうか。二人が自然な形で結ばれる日

この感想も読まれいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のドラマ

ドラマファン

当サイトでは現在放映中の話題のドラマをご紹介しております。毎週欠かさずドラマをご覧になっている視聴者様。是非ご投稿をお願い致します。


新ドラマ評価や評判レビュー!

このドラマをご覧になったユーザー様の評価や辛口コメントなども募集しております。投稿は無料ですので左記のボタンを押下いただきご投稿下さいませ。

記憶に残る作品

  1. 感動したドラマ こんなに素晴らしいドラマはないと感動したドラマは?
  2. 恋愛ドラマ恋愛ドラマで記憶に残っている作品は?
  3. 病気ドラマ病気を描いた過去のドラマで良かったと思える作品は?
  4. 医療ドラマ医療などに関連したおすすめのドラマはどれですか?

スポンサードリンク

批評・評価まとめ

ドラマファンでは投稿されました新番組の感想や口コミ、批評・評価などの投稿以外に共感されました投稿に対しては+ボタンを設置し、どういった批評や評価を与えられているかどういった批評や評価が共感されていたのかを知ることができ、どういった批評等が良いのかをまとめております。

ページ上部へ戻る